HG ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備) レビュー

今回は、HG 1/144 ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備)のレビューをご紹介します!

HG 1/144 ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備)は、『機動戦士ガンダムNT』より、”シェザール隊仕様 A班装備”の『ジェスタ』1/144スケールモデルキットです。頭部センサーやバックパックの一部を新規造形にて立体化。イアゴ少佐、タマン少尉が駆るシェザール隊 A班装備のジェスタが忠実に再現されたキットになっています。価格は3,024円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

HGUCジェスタをベースに、機動戦士ガンダムNTに登場するジェスタ(シェザール隊仕様)がキット化。3基のプロペラントタンク兼用ブースターロケット(以下、ブースターロケット)と、スタークジェガンに装備されていた高機動型のバックパックを装備した特徴的な仕様になっています。シェザール隊仕様はこのA班装備とメガ・ビーム・ランチャーやトライポッド、キャプチャーガンなどを装備したB&C班装備が発売されています。

ブースターロケットはHGUCフルアーマー・ユニコーンガンダムからの流用で、バックパックはHGUCスタークジェガン用パーツと新規パーツによって構成されています。

カラーリングはダークブルー、ブルーグレー、グレーの3色構成。一般発売のHGUCジェスタに比べ、ダークブルー成型色がより青みの強いものに変更されています。ブルーグレーとグレーの成型色は変わらず。ダクトや胸部装甲などがシールで補われ、シール数も増えています。

ブースターロケットに支柱が付いているので自立は問題ありません。ですが通常のHGキットに比べて後方に長くなっているので、ある程度ディスプレイエリアの確保が必要です。

ブースターロケットはフルアーマー・ユニコーンガンダムと同じ接続形状。接続基部はジェスタへのマウント用の新規パーツになります。固定強度はまずまず高め。ロケットブースターを外してジェスタ(シェザール隊仕様)各部を見ていきます。

頭部。特徴的なスコープ型頭部センサーを装備。それ以外はHGUCジェスタと同じです。細かい造形のセンサー部分はシールを貼って色分けするようになっています。頬のセンサーはグリーンに塗り分けが必要です。

額バイザーと後頭部のセンサーはオレンジのシールによる色分けです。内部のモノアイ(センサー)形状はHGUCジェスタと同じ。ゴーグルがクリアーオレンジパーツなのも同じです。

胸部。首周りのアーマーがグレーの配色に変更され、胸部もシールを貼って色分けするようになっています。シールの下は一般発売のHGUCジェスタと同じくパーツによって色分けされていますが、HGUCジェスタとは違う配色になっています。(シール下の画像は用意していませんm(_ _)m)

腰部。形状はHGUCジェスタから変わらずですが、アーマー中央のシールのV字マークがよりゴールドの輝きが強くなっています。フロントアーマーやリアアーマー両脇のダクトもシールで色分けするようになっています。リアアーマーはブースターロケット増設用の新規パーツになっています。

腕部は左右共にHGUCジェスタから変わらずです。前腕のマガジン(右前腕)、サーベル柄(左前腕)も変わらず。ショルダーアーマーも同じで、前後挟み込みタイプなので上部に合わせ目ができます。

脚部は全体的な造形はほぼHGUCジェスタと同じですが、後部アーマー膝裏の形状が少し違います。

HGUCジェスタと並べて。画像左がHGUCジェスタ、画像右がこのHGUCジェスタ(シェザール隊仕様 A班装備)です。膝関節パーツも変更されています。

膝関節パーツや外装パーツの形状が変化したことで少しだけ膝が深く曲げられるようになっています。

前側両脇のダクトや後部のスラスターはシールで色分けするようになっています。ダクトやスラスターは深みがあるので、シールを貼るのが少し難しいです。破れてしまうこともあるので、あまり深くまで貼り付けないほうがいいかもです。後部スラスターにはスリットが造形されていますが、シールを貼るとスリットもわからなくなってしまいます。

足首から下の部分はHGUCジェスタと同じ形状。

バックパックはHGUCスタークジェガンからの流用パーツと新規パーツによる構成になっています。後部ユニットは3本とも上下挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。

3基とも上下に可動します。下部のバーニアは新造パーツですが、形状はおそらくスタークジェガンなどと同じかと。

接続はジェガン系バックパックと共通の2ダボ接続。

プロペラントタンク兼用ブースターロケットはHGUCフルアーマーユニコーンガンダムに付属のものと同じ。ですが成型色はブルーグレーになっています。本体部分はモナカ割ですが、上下に合わせ目は段落ちモールドっぽくなっています。

接続基部やバーニア周りの造形も変わらず。

支柱パーツはブースターロケットの後部パーツを外しての脱着が可能で、組み換えることで高さ調整が可能です。

各部可動域やキットの細部に関してはHGUCジェスタと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m ⇒HGUCジェスタ レビュー

ブースターロケットを外した状態で通常のHGUCジェスタと比較してみました。成型色や部分的な配色、シールによる色分け箇所が違っているので、シェザール隊仕様ならではの新鮮さを感じます。

ビーム・ライフル、ビーム・サーベル刃×2、平手(左右)、武器持ち手(右)、持ち手(左右)が付属。このHGUCジェスタ(シェザール隊仕様 A班装備)にはマーキングシールは付属しません。(ビーム・サーベル刃は、1本は余剰パーツ扱いです。)

その他、HGUCジェスタ、HGUCスタークジェガン用のパーツが余剰で付属します。バックパックやバイザーパーツ、脚部パーツなどのジェスタ用パーツが一通り付属するので、通常のHGUCジェスタのカラバリとして組むこともできます。

ビーム・ライフル。HGUCジェスタに付属するものと全く同じです。成型色も同じ。本体部分はモナカ割なので上下に合わせ目ができます。

サブグリップの可動やマガジンの脱着などもありません。グリップにはダボがあり、しっかりと保持できるようになっています。センサーは前後ともオレンジのシールで色分けするようになっています。

一応HGUCジェスタのものと並べて。下がHGUCジェスタのものですが、並べるとどっちがどっちかわからなくなります。

ビームライフルを装備した状態で。

ブースターロケットに支柱がある分、自立させてのポージングも安定しています。

ブースターロケットの支柱を使わずアクションベースのみでディスプレイしても、ブースターロケットが外れることなくポージングも不安定さはありませんでした。

ただ、浮かせた状態でポージングするときは、キットの重量で股間のアクションベースマウント部がクルッと回転してしまうことがあるので、落下などで破損させてしまわないよう注意が必要です。しっかりと差し込めば大丈夫そうですが、マウントパーツのダボを折らないようにも注意が必要です。

余剰パーツと組み換えて、通常のジェスタとして。

部分的な配色が違うので、一般発売のHGUCジェスタとは一味違ったスタイルが楽しめます。

ではいくつかA班装備の画像をどうぞ。

 

以上です。プロペラントタンク兼用ブースターロケットを装備しているため、どことなく羽根物ジェスタっぽさがあり、ポージングも簡単なポーズだけでかっこよく感じます。背面から見てもプロペラントタンクの存在感がありますし、重量感のあるジェスタとして楽しめるのがいいですね。

本体部分はHGUCジェスタと同じなので可動域も広いですし、関節強度もまずまず高めなので、特別ポージングに困ることも少ないと思います。重量があるため、アクションベースへの負荷がかかりやすいので、その点はアクションベース破損などには注意が必要です。

通常のジェスタとしても組めるので、まだHGUCジェスタを入手していないなら、このシェザール隊仕様を入手して楽しむのもいいですね。

icon

⇒楽天でHG ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備)を探す
⇒駿河屋でHG ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジェスタ (シェザール隊仕様 A班装備)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. no title

    on 2018年11月25日 at 00:45 - 返信

    A,B/C班双方ともに膝の可動域が改良されてるので一般販売のものより深く曲げれるはずでは…?

    • nori

      on 2018年11月25日 at 08:52 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ご指摘感謝ですm(_ _)m
      記事を修正しました。

コメントを残す