HG ザク・ハーフキャノンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ザク・ハーフキャノンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は北米の荒れた大地でキャノン砲やバルカン砲をぶっ放すザク・ハーフキャノンの姿が描かれています。大地に合わせたサンドブラウンカラーで、破壊された機体も数機が炎上しています。臨場感がありますね。ザク・ハーフキャノンはザクⅡC型(C-5型)に、MS-06CKザク・キャノンのランドセルを装備させた機体です。

箱の大きさは通常のHGよりも1cm弱大きめのサイズ。

では開封。小型のランナーが多めなので周りは少しスカスカした状態。ザクマシンガンあたりの武器でもくわえられそうな余裕があります。

全部で4袋分のランナーです。お世辞にもカラフルとは言えませんが、このサンドカラーがなんとも言えない魅力を感じさせてくれます。ミリタリーチックな色合いのほうが実戦感が伝わるのでいいですね。

では説明書を見ていきます。パケ絵と下側にはハーフキャノンの詳細やスペックが掲載されています。胸部パーツを見る限りC-5型として、180mmキャノン砲とガトリング・ガンの装備状態が掲載されています。J型仕様はあくまでオプションとしてっぽいですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。オリジン版ザクⅡの組立工程をベースにして、新規造形のバックパックやキャノン砲類を新たに加えた構成です。オリジン版初の地上仕様ザクとして、今後のMSDの展開が気になるところです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。サンドブラウンのランナーです。頭部や腕部のパーツ類で、オリジン版ザクおなじみのランナーです。

↑A2ランナー。オーカー(黄土色)のランナーです。こちらもオリジン版ザクおなじみのランナーで、胸部や腰部などのパーツ類です。ガトリング(2連装マシンガン)も余剰パーツとして付属するので、ちょっとしたカスタマイズが可能です。

↑B1ランナー。ダークブラウンのランナーです。胸部パーツや足裏パーツ類など、色違いのパーツが集まっています。

↑D1ランナー。グレーのランナーです。こちらもオリジン版ザクおなじみの内部パーツ類です。

↑D2ランナー。グレーのランナーで、D1ランナーの一部と同じです。

↑E1ランナー。サンドブラウンのランナーです。腕部と脚部のパーツ類です。

↑Fランナー。グレーのランナーです。ヒートホークやハンドパーツ、首周りのパーツ類です。

↑Iランナー。グレーのランナーです。ハーフキャノンから新造されたランナーで、ビッグガンや180mmキャノン砲、ガトリング・ガン、バックパックなどのパーツ類です。プレバンのHGザクキャノンテストタイプにも一部、もしくはまるまるこのランナーが付属しそうです。

↑Jランナー。グレーのランナーです。動力パイプや給弾式ベルトなどのパーツ類です。

↑ポリキャップ(PC-001)、マーキングシールです。赤いラインが特徴的。

以上です。設定的にはその場しのぎでザクキャノンのバックパックを背負わせたような応急処置ザクになっているザク・ハーフキャノンですが、C型ザクⅡとキャノンが思いの外よく似合っていると思います。全く違和感のない組み合わせですね。

なのでそのバランスの良い造形から、もしかしたら昔からあるザクキャノンよりもこちらのほうが好みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。個人的にもハーフキャノンのほうが好みかも・・・・。

ジオンの苦戦ぶりが伝わるような機体なので、そういった部分でも哀愁漂うキットといえるのかもしれませんね。

icon

⇒楽天でHGザク・ハーフキャノンを探す
⇒駿河屋でHGザク・ハーフキャノンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGザク・ハーフキャノンを探す

コメントを残す