HG ザク・ハーフキャノン レビュー

今回は、HG 1/144 ザク・ハーフキャノンのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ザク・ハーフキャノンは、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD』から、主に北米キャリフォルニア・ベースで局地戦用として開発された『ザク・ハーフキャノン』の1/144スケールモデルキットです。特徴的な背面武装は180mmキャノン砲とバルカン砲(ガトリング・ガン)のチョイスが可能で、バックパックにマウントできるビッグガンや、接近専用のヒート・ホークといった武装を装備。価格は1,944円(税込み)です。

サンドブラウンカラーによって北米線仕様が強調されているザク・ハーフキャノン。本体はオリジン版ザクⅡと同じですが、キャノンを装備したバックパックにビッグガンを装備しカスタマイズされた機体です。

各関節にはポリキャップを使用し、バックパックにも複数のポリキャップを内蔵しています。

関節強度が高いので、背中の装備も影響なく、自立は安定しています。バックパック類も特にポロリなく、しっかりとマウント&可動をこなしてくれます。

各部にラインマーキングを再現するシールが付属。説明書の途中にバックパックへのシール貼り付けが指示されていますが、今回は貼り付けずに済ませました。

頭部。おなじみのザクⅡ顔ですが、動力パイプはグレーで再現され、頭部外装と同じカラーリングになっているこれまでのオリジン版ザクとは一味違った印象を持っています。排気口内部は塗り分けされていませんが、スリットが入っていてダクトっぽくなっています。

動力パイプは裏表で組み間違えやすいので注意です。正しく取り付けると画像のように、上に盛り上がったような形状になります。

頭部裏面にはモノアイを可動させるためのスイッチがあります。

スイッチを左右に可動させることでモノアイが左右に移動します。

バストアップ。腹部の動力パイプもグレーに。胸部パーツがC-5型として再現されています。

このザク・ハーフキャノンは、胸部パーツを換装させることで地上戦仕様のJ型と宇宙と地上両用のC-5型がチョイス可能。今回はC-5型にしてみました。J型はまた後でご紹介していきます。

腹部、腰部、形状はおなじみのザクⅡ。濃いめのサンドブラウンで色分けされています。

フロントアーマーとサイドアーマー裏面に凝ったモールド類はなし。シンプルです。

右腕部。L字型シールドを装備。肘のパーツがダークブラウンのような色合いになっています。前腕は左右挟み込みタイプなので合わせ目が出ますが、二の腕は筒型になっています。二の腕パーツは形状が複雑なので、取り付ける向きに注意です。

L字型シールド。裏面にもしっかりとしたモールドが入っています。

左腕部。こちらはスパイク型のショルダーアーマーを装備しています。それ以外は右腕部と同じ。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプなので、側面に合わせ目ができます。合わせ目を消すためには後ハメ加工や、マスキング塗装をするなどの対処が必要です。

脚部。太もも、膝から下ともに前後挟み込みタイプ。太ももは側面の合わせ目が段落ちモールドになっていますが、膝から下の部分は側面に合わせ目ができるようになっています。膝下が分離できるようにはなっていないので、合わせ目を消すには後ハメ加工をするかマスキングによって塗り分けるなど対処が必要です。

足首から下の部分。オリジン版ザク系キットと同じですが、色が違うだけでも感じが違ってきます。

バックパック。やや複雑で特徴的な形状ですが、メカニカル感が出ています。側面にはスモークディスチャージャーのようなものが装備されています。

反対の側面には180mmキャノン砲を装備。下部にはビッグガンをマウントできるポリキャップ仕様の3mm穴が開いています。

下部に目立った装備はなし。

スモークディスチャージャーっぽいパーツは縦長のポリキャップ穴に差し込んで固定します。パーツの内側には肉抜き穴ありです。

180mmキャノン砲。先端は二股に別れた形状になっていて、中央の装甲板は別パーツになっています。付け根には弾頭がベルトっぽいモールドで入っています。本体部分はモナカ割なので上下に合わせ目が出来ます。

バックパックのマウント部分は縦長のポリキャップ式。適度に可動します。

ビッグガン。横長のモールドが入っていて、強度の高さを感じさせるものになっています。

本体部分は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は段型のモールドによってあまりわからないようになっています。

砲口は別パーツで再現され、後部には適度にスリットが入ったディテールになっています。

グリップも適度に前後可動します。

ビッグガンのジョイントアームは肉抜き穴のようなフレームのような形状になっています。埋めるかそのままにするか悩むところです。ビッグガンは通常時は後方に回していると説明書に記載されています。

HGストライクフリーダムガンダム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。UCの機体ということでやや小柄。

HGシャア専用ザクⅠ、C型・C-5型ザクⅡとも比較してみました。色が違うこともあり、全体的な印象も少し違っているようです。

頭部の可動は比較的狭め。最低限の表情が付けられる程度です。

左右へは水平程度に可動します。口が少し干渉するので浮き気味になります。

わかりにくいですが、胸部両脇が少し可動するギミックを持っています。

L字型シールドやスパイク付きのショルダーアーマーが肩部に干渉するので、腕は水平程度にも上げられずです。

L字型シールドはポリキャップやボールジョイントによって柔軟に可動します。

肘は前腕が二の腕にくっつくくらいよく曲がります。高水準の可動域です。

肩部は手前に内部のポリキャップを引き出すことができるので、広々とスイング可能です。武器の両手持ちなども比較的容易に出来ますね。後方へはボールジョイントによる可動域分だけスイングします。

腹部、腰部は、前後への可動はそれほど柔軟ではありません。

腰の付け根は、動力パイプと腰部アーマーを交わしつつ、360度回転可能です。

付属のマウントパーツを股関節にはめ込んでアクションベースにマウントさせます。

まずまずしっかりと固定されますが、あまり激しいポーズをしていると外れたりすることもあります。若干開脚気味になるのが気になるところです。

フロントアーマーが展開し、前方へは水平程度にまで可動します。リアアーマーが可動しないので、後方へは適度に可動します。

膝は90度程度に曲がります。

足首も脚部アーマー内で適度に前後可動します。

左右への開脚は、サイドアーマーが干渉することもあり、水平にまでは上がりませんでした。サイドアーマーは多少前後にスライドするので融通性はありますが、それでもこれ以上上げるとサイドアーマーが外れたりします。サイドアーマーが外れると動力パイプが邪魔になって取り付けにくいです。ビッグガンは柔軟に可動するので特に影響はありません。

足首の左右への可動も脚部アーマー内で適度に可動。大地を踏みしめるポーズもある程度パワフルに表現できます。

股関節のシャフトが前後にスイング可動します。台座マウント時などはポージングの幅が広がるのでいいですね。

画像では内股、がに股ともに水平まで可動させていますが、付け根が360度自由に回転します。

立膝はキレイな状態でポージングさせることが出来ます。

サイドアーマーは付け根がボールジョイントによってスイング可動するようになっています。前方に脚を広げるときに、少し避けることができるのでいいですね。

180mmキャノン砲は適度に上下可動します。

ビッグガンはジョイントアームによって、前方、後方に柔軟に可動します。

左右へも広々と可動します。

ガトリング・ガン、ヒート・ホーク、ヒート・ホーク(収納)、平手ハンドパーツ(左右)、J型への換装用胸部パーツ類が付属します。

その他、ザクⅡ用の各部パーツや指揮官機用頭部パーツ、スラスター、武器保持用ハンドパーツ(右)が付属します。

指揮官機用のツノ付きを取り付けてみました。これもなかなか味がありますね。

 

指揮官機仕様を全身から。

胸部パーツを組み替えて、地上用のJ型に。

C-5型(画像左)と比較してみました。どちらもそれぞれに特徴があるので、お好みでチョイス可能です。

J型を全身から。

今度はC-5型(画像左)との比較を全身からどうぞ。

ガトリング・ガン。砲身部分は左右挟み込みなので中央に合わせ目が出来ます。給弾式ベルトはやや軟式で艶のある素材になっています。

砲身の合わせ目はわかりにくいですが、本体部分は上部に合わせ目が確認できます。砲口は開口しておらず、後部はダクト型のモールドが入っています。

右のビッグガンをジョイントアームごと取り外して給弾ベルトを取り付けます。

ガトリング・ガン装備状態。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。ザクⅡ本体こそこれまでのオリジン版ザクⅡと同じ仕様ですが、カラーリングとバックパック武装類によって、ひと味違う味のあるキットに仕上がっていると思います。地上戦仕様のカスタム機(応急処置的な装備ですけど^_^;)には他のザクとはまた違った魅力を感じますね。これまで通り可動域はそこそこ広いですし、ポロリ箇所もほぼなし。ポージングもしやすく、欠点のないキットです。

THE ORIGIN劇中でのザクⅡは比較的宇宙戦闘のシーンが多いですが、対地戦闘のポーズもよく決まりますし、地上で戦う機体でありながら台座を使ったポージングにもかっこよさがあります。

ダブルゼータに登場したデザートザクを思わせるようなカラーリングが大人心をくすぐりますし、キャノンが2タイプチョイスできたり、J型とC-5型が換装できたりするのも嬉しいですね。なので、いかにもMSDらしい地味カッコイイキットになっていると思いました。

icon

⇒楽天でHGザク・ハーフキャノンを探す
⇒駿河屋でHGザク・ハーフキャノンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGザク・ハーフキャノンを探す

コメントを残す