HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.) レビュー

今回は、HG 1/144 ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)のレビューをご紹介します!

HG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)は、2019年の「機動戦士ガンダム40周年」および2020年の「ガンプラ40周年」を記念して作られた、工業デザイナー奥山清行氏×演出家・映画監督松尾衡氏デザインによる『ガンダム』の1/144スケールモデルキットです。人間らしいフォルムや動きにこだわりつつ、リアリティの伴う構造を追求。四肢の可動範囲や関節構造などは現実的な工業デザインを踏まえつつ構成されるなど、より現実性の高いキットになっています。価格は3,300円(税込み)。

人間の骨格を意識し、近接格闘を想定した関節、人体に近い腹部ねじり可動など、より人体を感じさせるラインを実現したキットです。曲型の未来的なデザインが印象的。

成型色はややクリームっぽさのあるホワイトに基本的なレッド、イエロー、そして淡いブルーの定番トリコロールカラー。特異なデザインに目がいきますが、カラーリング自体はシンプルです。シールは殆どが頭部で、他は腰のV字を補うのみとなっています。部分的な塗装は必要ですが、素組みでも十分な仕上がり。説明書にはカラーガイドもありません。

ポリキャップは不使用で、全てパーツによる組み合わせになっています。組み立て直後の強度はまずまずですが、ヘタれてくるとパーツのポロリもあるかも。脚底の接地性も高く、体型バランスが良いので自立は安定しています。

俯瞰。

パッケージは2重底になっていて、最底には特製アートブックが封入されています。アートブックはこのガンダムG40制作に関するデザイナーズコメント、デザイン画などが収録されるなど、興味深い内容になっています。

頭部。ガンダムのベーシックな部分は崩さず、それでいてやや特異的な印象を感じさせる造形になっています。メット部は左右挟み込みタイプですが、合わせ目はひさしに少しできるのみ。

とさかや後部の合わせ目はモールド化(段落ちなど)されています。左右のダクトやバルカンはパーツでの色分け。ツインアイやクマドリなどがきっちりとパーツで色分けされています。バルカンの縁はイエローに塗り分けが必要です。とさかは全体にセンサー用?のシールを貼るようになっています。

ツインアイはピンクとイエローがチョイス可能。

胴体部。ガンダムの配色に準じたカラーリングですが、やや未来的なデザインに。エアインテークやコックピットハッチ、腰のヘリウムコアなどもパーツで色分けされています。腰中央のV字マーク周りは赤いパーツにシールを貼っての色分け。V字はモールドが造形されています。胸部、腹部ともに側面に合わせ目ができます。可動を重視した構造だからか、腹部の上部赤パーツは固定されていませんが、それほど気になるものではないかと。

胸部内部。肩が上下や前後に可動する組み合わせになっていたり、襟が可動したりと可動箇所が豊富な構造になっています。

腹部はボールジョイント型パーツの組み合わせで、グニャりと曲がるような構造になっています。

腰アーマーは各部とも展開するような構造ではないので、裏打ちパーツや裏面モールド造形などはありません。

腰部はよくある四方のアーマーが分割されたものではなく、腰が展開してスライド可動するギミックが採用されています。可動も複雑で、最小限のパーツ数ながらも複数の可動箇所を持った構造になっています。

腕部。白一色ですが、可動箇所が多く、複雑な構造をしています。どことなく人間の筋肉を意識した感じも。

腕部の内部構造。通常のHGガンプラとはひと味違っていて特徴的。

二の腕周りは筒型で合わせ目はないですが、前腕は左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。手首は付け根が別パーツ化され、上下にスイングが可能。

必要ない動きかもしれませんが、二の腕は回転します。前腕は少しですが左右にスイングします。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプですが合わせ目は端でモールド化されています。上部の装甲は可動式。側面のダクトは縁を黄色、内部をグレーに塗り分ける必要があります。

脚部。こちらもそれほど奇抜なデザインではないながらも、未来的かつ程よくまとまりのあるデザインになっています。膝の一部装甲はイエローパーツによる色分け。

脚部構造。これまでのガンプラにない独特のフォーマットです。

脚部の付け根は大腿部側がスライド展開します。大腿部は前後挟み込みタイプですが、左右にできる合わせ目はモールドとしておいても良いのかも。

ふくらはぎの付け根部分も少し左右にスイングします。アキレスの装甲は上下に可動。ふくらはぎから下は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されているようです。

ソール部。形状はシンプルなスニーカータイプですが、複数の可動箇所が確保されています。脚甲の装甲は柔軟に可動します。

足裏は3分割され、各部裏にバーニアが造形されています。バーニア内部は黄色に塗り分けが必要です。

ックパックはRX-78-2とは少し異なり、左右のサーベルホルダーが下向きになっています。ですが可動するので上部に向けることも可能です。バーニア基部も可動箇所が2箇所にあり、柔軟に可動します。バーニア内部は黄色く塗り分けが必要。

バックパックは2ダボ接続ですが、間隔が狭いので他のHGキットバックパックを取り付けることはできないようでした。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。サイズはジムなどとほとんど同じですが、デザインにはかなりの違いがあります。例えて言うなら陸ジムが大型(工事)車両で、G40がコンセプトカーといった感じ。

通常のHG RX-78-2ガンダムが手元にないので、手元にあって一番カラーリングが近そうなイーグルスバージョンと並べて。造形的にはかなり好みが分かれそうではありますね。

頭部の可動は、顎引きはそれほど深くまで可動しませんが、見上げる動きは襟が可動することもあってかなり広範囲に展開します。ただ、あまり上げすぎると少し不自然さも出てくるかも。左右へは全く干渉なく可動させることができます。頭部を斜めに傾ける動きも可能。

肩は真上くらいにまで上げることができます。肘は完全に折り曲げることはできずV字程度まで。

肩は少しですが前後にスイングするギミックがあります。

ただ、通常のガンプラのような肩の前後スイングはほとんどできず、付け根ボールジョイントで少し前後する程度になります。

腹部が柔軟に可動するため、上半身の前後スイングは幅広く可動します。

腹部を上下に引き伸ばすことでぐにゃっと曲げることもできます。人間らしい動きが再現できるので、動かしていて面白くなってきますね。赤い装甲が固定されていないので多少フラフラするかも。

腰は干渉するので45度程度の可動となります。アクションベースへはコの字パーツを挟んでのディスプレイ。ここだけちょっと原始的な感じもします。

前後開脚は前後とも水平程度まで展開が可能です。

ただし通常のガンプラのように腰アーマーを展開させるのではなく、腰内部や大腿部をスライド展開させ、腰アーマーを避けるようにして開脚するようになっています。

膝は深くまで折り曲げることができます。膝の裏打ちパーツはそれほどしっかりとしたものではないですが、膝内部パーツもスライドギミックがあり、通常のガンプラとは異なる仕様になっています。

足首は前後への可動はまずまずで、左右へは深めに傾けることができます。

左右への開脚は水平にまで展開が可能。

こちらもサイドアーマーを開いて開脚するのではなく、腰アーマーをかわすように内部をスライド展開させて開脚するようになっています。

内股、がに股は普通に付け根を回転させると股間部と干渉しますが、一旦腰内部を引き出して回転させ、もとに戻すことで水平などに展開させることができます。

腰回りが柔軟で膝も深くまで曲がるので、かなりコンパクトな立膝を再現することができました。

可動域の総括としては、多少可動や姿勢に不自然さはありますが、可動に関するアイデア性の高さがスゴイと思います。これまでのガンプラの概念を覆すような可動で、独特の可動ギミックを持っていてで面白さがありますね。それでいて柔軟なので、あらゆるポーズに対応してくれそうです。

シールド、ビーム・サーベル刃×2、ビーム・ライフル、武器持ち手(右)、平手(左右)、手首パーツ(予備)が付属。

シールド。通常のものとは一味違ったデザインになっています。十字やシールドののぞき穴などもパーツで色分けされています。裏面も別パーツ造形やモールドなどでしっかりとした作りになっています。

上下のグリップは可動式。説明書に記載はないですが、ジョイントパーツは位置を組み換えることができるようです。

シールドはグリップをハンドパーツで挟み、ジョイントパーツで前腕に接続して保持します。2箇所で固定できるので保持強度は高めです。バックパックにもジョイント可能。

ビーム・ライフル。細身ですが、細部にこだわりを感じるリアルような作りになっています。左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができますが、黒いのでほとんど目立ちません。

センサーやフォアグリップは左右に可動します。センサーはイエローパーツでの色分け。

フォアグリップは左右に向けたあと、さらに前方に可動させることができます。

ビーム・ライフルはグリップとハンドパーツのダボ固定なので、特に遊びもなくしっかりとした保持が可能です。

ビーム・ライフルとシールドを装備して。つま先がヘタれてくると素立ちが少し前のめりになってくるので注意です。あまりに弱々しく感じる場合は、つま先を少し引っ込めて固定してみると良いかも。

接地性も高く、自立状態でのポーズも難しくはありません。柔らかい印象のポーズが再現できるのがいいですね。

他のガンプラにはない圧倒的な表現力があります。

グリップの可動範囲が広く、腕部の可動も柔軟なので、ビーム・ライフルの両手持ちも難なくこなせます。

ビーム・サーベルは柄がグリップの幅とちょうどいいくらいのサイズなので、特に抜け落ちることなく保持ができています。

シールドの持ち方を変えて保持。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。これまでのフォーマットを大きく覆し、より人間らしいリアルな造形、構造で再現されたキットになっていると思います。デザイン的に好みが分かれそうではありますが、各部の構造が新鮮で、見て動かして、本当に楽しいものがありました。

気になる点としては、可動域箇所が多く柔軟な分、各部の組み合わせが繊細でデリケートなところがあるので、組立時などに破損させないよう注意が必要です。小さいパーツも多く、ダボ(軸)がゲートになっている箇所もあるので、誤ってカットしないようにする必要がありそうです。

生産数が少ないようで既に入手が難しいかもしれませんが、特製アートブックを含め40周年を記念した限定ガンプラとして、独特の表現を見せるこのG40をぜひ手元に置いて楽しんでもらいたいですね。(一部パーツの組み合わせが間違っているところがありますがご了承くださいm(_ _)m)

⇒楽天でHG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)を探す
⇒駿河屋でHG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムG40 (Industrial Design Ver.)

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

3 件のコメントがあります。

  1. 774

    on 2019年12月14日 at 02:46 - 返信

    デザインは面白いと思いますし可動も良いと思いますがその代償なのか、
    目立つ場所(特に上腕とわき腹)に合わせ目が出ているのは少々残念
    あとは価格ですかね、1/3くらいはデザイン料なのかな…

  2. GUNHED

    on 2019年12月14日 at 09:32 - 返信

    G40の稼働ギミックを使った今までのデザインのガンダム達が見たいですね。また少し違うモノになるのではないでしょうか?

  3. らいりゅ

    on 2019年12月14日 at 10:26 - 返信

    可動範囲がとても良いけれど
    会わせ目が(T-T)

コメントを残す