HG イオフレーム獅電改(オルガ機) レビュー

今回は、HG 1/144 イオフレーム獅電改(オルガ機)のレビューをご紹介します!

HG 1/144 イオフレーム獅電改(オルガ機)は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するオルガ専用機の『イオフレーム獅電改』1/144スケールモデルキットです。「王様の椅子」という呼び名のこのオルガ機は、白を基調としたカラーリングに特徴的なアンテナ付きバイザー、赤いラインの入った装甲を左肩に装備。高貴な印象の強いディテールに仕上がっています。価格は1,296円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ベースはイオフレーム獅電ですが、頭部バイザーと肩部装甲が新規造形で追加され、全身がホワイトとグレーで構成されています。カラーリングが違うことでイオフレーム獅電とは少し違った印象になっています。

全身が細身で、脚部などは内部フレームがある程度露出した状態。背中の鉄華団ロゴが印象的です。(プレミアムバンダイホームページのサンプルには鉄華団ロゴがありませんが、説明書にはシール貼り付けの記載があります。)

使用するポリキャップはHGシリーズおなじみのPC-002。使用している内部フレームは『イオフレーム』です。関節強度はイオフレーム獅電と同様にしっかりとしたものになっていました。

関節強度が高いので自立はかなり安定。HGガンダムバルバトスルプスレクスなどは関節強度が弱めなので少し不安定さがありますが、こちらはかなりしっかりとしています。

頭部。特徴的なブレードアンテナ付きバイザーを装備。バイザーは白の成型色で、アンテナはシールによって赤いラインを色分け。バイザーもグリーンのシールによって色分けされています。頭部は前後挟み込みで中央に合わせ目が出来ますが、段落ちモールド化されています。

バイザーを組み替えることで内部のセンサーが露出します。内部センサーもシールによって色分けされています。

バストアップ。形状はイオフレーム獅電と同じですが、獅子のような形状の胸部は白い成型色で再現。適度にモールドがはいっているので物足りなさを感じません。

腹部。イオフレーム特有のシャフトシリンダー。こちらも形状はイオフレーム獅電と全く同じ。

右腕部。こちらもイオフレーム獅電と同じです。前腕のパーツは左右で挟み込む組み合わせなので、裏面に合わせ目ができるようになっています。

左腕部。新規造形の装甲を装備。ザクのようなL字型シールドです。特徴的な赤いラインはシールによって再現されています。

肩部は前後でパーツを組み合わせるようになっているので上部に合わせ目が出来ます。

脚部。膝から下の部分は左右で挟み込むようになっていて、前後に合わせ目が出来ます。太ももの外装パーツは、組み立てるときにはモールドの向きに注意です。

ふくらはぎのスラスターは特にスリットなどがないシンプル形状。縁もかなり太めなので少しおもちゃ感を感じるかもです。

足首から下の部分。独特の形状でかなり角ばっています。足裏には細かくモールドがありますが、先端には肉抜き穴があります。

ランドセル。前後パーツで挟み込むような組み合わせになっていて、合わせ目がサイドにくるようになっています。四角い形状のスラスターは別パーツで色分けされ、説明書には、ランドセル中央に鉄華団のロゴを貼るよう指示されています。スラスターは少し上下に可動します。

鉄華団のロゴは色違いのものを選択できるようになっています。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。陸戦型ジムとは同じくらい。同じストーリーなのにルプスレクスよりも小さいんですね。

今度はHGイオフレーム獅電と。獅電は太もものパーツを逆にハメちゃってますね^_^; 少しの新規造形パーツと色が違うだけでこれだけ違って見えます。

頭部の可動はかなり狭めです。顎引きは手前に空間がある分引けますが、見上げる場合は後ろにアーマーがあるのでかなり干渉してしまっています。

胸部からの外装パーツによって首周りにスペースがなくなっているため、顎を上げて左右に振るようになります。一応左右真横くらいにまでは可動します。

腕部の可動はまずまず。水平以上には上げることが出来ました。肩パーツの組み合わせが固めなので、腕をあげようとすると付け根のボールジョイントが外れてしまうので注意が必要です。

腕部は付け根がボールジョイントなのでかなり柔軟に前後スイングします。

細身の割に肘の可動はこの程度。もう少し可動域が欲しいところです。

内部に1基のリアクターを装備し、リアクター部分が前後に可動します。その影響で前かがみや胸を張るポーズなどは適度に表現できるようになっています。

胴体と腰の接続部分がボールジョイントなので適度に腰が回転します。ですがイオフレーム特有のシリンダーシャフトが干渉し、画像程度にしか腰を回転させることができませんでした。

フロントアーマーとサイドアーマーには特に裏側にモールドはなし。リアアーマーには少しラインが入っています。

股関節部分をアクションベースにマウントして固定させます。

設置するとかなりしっかりとしていて安定しています。ポージングさせやすいです。

フロントアーマーを開くことで可動にゆとりが出来ますが、フロントアーマー脇から脚部を前方へ可動させるようになります。後方へもリアアーマーをかわすように横から足を伸ばせます。膝の可動もまずまず。

足首の可動は適度に。

アンクルガードも適度に可動します。

足の甲も僅かに可動。

股関節の仕様により、水平までは開脚できませんがまずまず足を開いてくれます。サイドアーマーも広く展開。

細身ですが足首の可動はわずか。

内股はふともものアーマーが干渉しますが、がに股はかなりしっかりと可動し、後方に足を向けることもできます。

関節の可動域はまずまずなので立膝もまずまず。

イオフレーム獅電と同様にパルチザン、ガントレットシールド、ライフルが付属。

流星号用のアンテナ、バイザー、肩部アーマーが余剰パーツとして付属。

余剰パーツを組み合わせて流星号仕様に。色が白いのでなかなかのかっこよさがあります。

ライフルは完全モナカ割。全体的に中央に合わせ目が出来ます。モールドも適度にあってシンプル。

ハンドパーツにしっかりと差し込めて保持力も高いです。かなり安定して持たせることが出来ます。

リアアーマーには武器のマウントラッチが付いていてパーツが開閉。

ライフルをリアアーマーにマウントさせておくことができます。ダボをライフルにしっかりと差し込めるので、ポロリもなく安定しています。

パルチザン。ボートのオールのような形状です。適度にモールドが入っているので見た目もいいですね。

持ち手部分は伸縮可能で、ロングサイズにすることができます。

パルチザンはランドセルにマウント可能。

リアアーマーにもマウント可能。

ハンドパーツに持たせるとまずまず保持してくれますが、手甲パーツの取り付けが甘いとスルッと下にずり落ちてしまいます。(個体差があるかもです。)

ガントレットシールド。小型の1個パーツ仕様。表裏共に適度にモールドが入っています。

ガントレットシールドは、ダボを前腕側面の穴に差し込んでマウントします。保持力はしっかりとしていてポロリは全くなし。

サイドアーマーにもマウントさせることができました。もちろん右腕にもマウント可能。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。関節強度がかなりしっかりとしていて、ポージングがしやすかったです。HGの鉄血のオルフェンズシリーズは全体的に関節が弱く、ポージングに少し弱さを感じていましたが、これは全くそんなストレスはなかったですね。唯一腕部付け根のボールジョイントが抜けやすいというくらい。なので安心してポージングできました。

武器類の保持強度も高く、ポロリ箇所も全くなし。

全身部分はイオフレーム獅電とほぼ同じですが、色が違うだけでだいぶ感じが違うので別の機体として楽しめました。流星号用のパーツが付属するので白い流星号仕様が楽しめるのも嬉しい限り。そしてこの白い余剰パーツ仕様が意外とかっこよいので、一見ただのカラバリっぽく思いますが、実物はかなり遊びを感じるキットになっていました。

⇒楽天でイオフレーム獅電改(オルガ機)を探す
⇒駿河屋でイオフレーム獅電改(オルガ機)を探す
⇒ヤフーショッピングでイオフレーム獅電改(オルガ機)を探す

コメントを残す