HGモビルアーマー ハシュマルのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 モビルアーマー ハシュマルのレビューをご紹介します!

hakoe_w800

HG モビルアーマー ハシュマルは、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズに登場するモビルアーマー『ハシュマル』の1/144スケールモデルキットです。モビルアーマー ハシュマルは、人を殺すことを目的として開発された兵器で、パイロットを必要としないモビルアーマーです。ビーム兵器を保有し、プルーマと呼ばれる小型の随伴機を多数保有しています。

HGモビルアーマーハシュマルにはこのプルーマが1基付属。鳥型の大型モビルアーマーとしてリアルに再現されています。HGモビルアーマーハシュマルの発売日は2016年12月16日。価格は4,104円(税込み)です。

2

接地する箇所がないキットなため、台座を使用したプロポーションになります。

3

台座への設置は極めて安定。大型ではありますが、それほど重量は感じない、軽量型のキットです。

4

形状は全体的に左右対称ですが、頭部は少し形状が違っています。

5

6

かなり特徴的で、少しプテラノドンのような形状も覗かせるモビルアーマーです。後頭部から長く伸びる超硬ワイヤーブレードを装備。

7

8

ハシュマルの下部に差し込み穴があり、台座に固定させます。

9

台座はMGサイコ・ザクVer.Kaなどに付属しているものと同じ『ベース5』の台座です。

10

台座の先端にはハシュマルを固定するための専用アタッチメントが付属。アタッチメントは組み換えによって角度を変えることが出来ます。

11

台座アタッチメントの角度を変えるとハシュマルを前かがみや上向きにさせることができます。

12

ハシュマル後頭部には超硬ワイヤーブレードを固定する箇所があります。

13

小型の台座も付属し、小型台座の先端にはワイヤーを通してスタイリングさせるための穴が開いています。

42

43

小型台座は組み換えによって長さを調節することが出来ます。

44

45

小型台座の長さを変更することで、超硬ワイヤーブレードを使ったポージングも幅が広がります。

14

超硬ワイヤーブレードの先端。最中割で一部がシールでの色分けとなります。

15

画像ではわかりにくいかもしれませんが、中央に縦に合わせ目のラインが出ています。

16

ワイヤーはリード線による再現です。太めのリード線なのでしっかりとしていて、まずまず形状を維持してくれます。

17

ハシュマル頭部。正面から見ると首が眺めで少し歪な形状をしています。

18

左右で少し形状が違い、左側には別パーツでアンテナのようなものが再現されています。一部グレー部分がシールで色分けされています。

19

後頭部から首筋にかけて動力パイプのようなディテールが再現され、その下には3枚鱗のようなディテールが形状化されています。

20

後頭部のワイヤー接続部分は上下広範囲に可動します。

21

口を開くようなギミックがあり、口の内部にはビームを放射する砲口があります。

22

頭部上下の上げ下げ。かなり広範囲に可動します。

31

頭部は左右に揺さぶるようにも可動します。根元がボールジョイントなので柔軟性があります。

32

左右へも真横程度に可動。

23

腹部。刺々しい左右4枚のアーマーが存在し、各アーマーごとに独立して可動します。一部五角形の部分がシールでの色分けとなります。

24

後部にも3枚のアーマーがあり、こちらも回転可動します。

25

後部のアーマーにはスラスターのようなディテールがあります。こちらも周りのみシールでの色分けとなります。

26

肩アーマー。大型でキュベレイの羽を大きくしたような形状です。ピンクとグレーの箇所が別パーツで色分けされています。肩アーマー先端部分のピンクはシールでの色分けとなります。

27

アーマー内部はかなり簡略化されています。最中割で中央に合わせ目が出ます。

28

29

肩アーマーは水平から上部に大きく可動します。

30

ピンクのアーマーの位置を組み替えることで、プルーマへのエネルギー供給システムが現れます。内部は色分けされておらず、白い成型色のままです。

33

34

腕部。肘が前後に大きく可動します。腕部の付け根も回転するので、腕部の可動にも多様性があります。

35

36

腕部先端は3本の爪のような形状。爪の内部は歯のような突起があり、シールで色分けされています。

37

可動箇所が多く様々な形状に変形させることができます。

38

腕部先端の付け根部分はパーツの位置を組み替えることで展開しているようなスタイルにできます。(組み替えが確認しやすいよう、腕部先端を取り外して撮影しています。)

39

腕部は左右にも大きく展開可能。

60

腕部を肩部に格納することで、飛行形態にすることができます。

61

飛行形態。シンプルな形状で、どことなくアプサラスⅢのようなスタイルも感じさせます。

62

40

ビームエフェクト、HGガンダムバルバトスルプス用の新型太刀、運動エネルギー弾発射装置が付属。

41

運動エネルギー弾発射装置は腕部先端の穴にマウント可能です。

46

ビームエフェクトは頭部の外装を外し、砲口に取り付けます。

47

頭部外装パーツを被せ、口からビームを放出するスタイルを再現させることができます。

48

随伴機のプルーマ。紫の成型色のみでの構成となります。モノアイはシールで再現。

49

タガメのようなディテールで見た目が少しグロテスクです。この形状は好き嫌いが分かれるところかと。

50

51

52

上下のグレー部分が一部シールでの色分けとなります。

53

底面には小型台座に固定させるための穴が開いています。

54

しっかりと差し込めるので結構安定しています。

55

尻尾部分を軸にして、胴体が上下に可動します。

56

腕部付け根がボールジョイントなので、根元が回転可動します。ただしあまり激しく可動させると外れやすいので注意です。腕部の内側は大きな肉抜き穴があります。

57

肘の部分も大きく可動します。こちらも動かしすぎると外れるので注意です。

58

59

59_2

HGガンダムグシオンリベイクフルシティと。キットは劇中ほど差を感じさせない大きさです。

では適当に何枚かどうぞ。

64

65

66

67

68

69

70

71

72

73

74

75

76

以上です。ビーム兵器は本来モビルスーツを攻撃する武器ではないですが、様になるのでビームエフェクトを使用して撮影してみました。

鉄血のオルフェンズシリーズ唯一のモビルアーマーとしてかなり存在感のあるキットです。リード線が若干ポロリしやすいのでポージングに少しストレスを感じることもありますが、それ以外は特に問題なく楽しめます。プルーマはグロカワで何とも言えない味を感じますし、ハシュマルも何気にかっこよさがあるので、激しいバトルシーンの再現などではかなり質の高い演出が期待できるキットですね。

⇒楽天でHGモビルアーマーハシュマルを探す
⇒駿河屋でHGモビルアーマーハシュマルを探す


コメントを残す