HGガンダムバルバトスルプスレクスのパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスレクスのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスレクスの箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

箱絵は火山?のような地形で爪でひっかくガンダムバルバトスルプスレクスのイラストです。ストーリー上今後火山などの地形での戦闘するシーンはなさそうです。イメージアップを狙ってのイラストかもしれませんが、かっこよさは引き立ってますね。

2

パッケージサイズは通常のHGと同じサイズに拡大されています。なのでHGガンダムバルバトスルプスと比べて大きいですね~。三日月は火星では裸なのに地上戦ではパイロットスーツを着用しています。ストーリー上宇宙から降りてきてそのままなのでしょうが、一般的に考えると逆のような気も・・・・

3

横絵は鉄血のオルフェンズシリーズおなじみの塗装済みスタイルとポージング、そしてギミックです。反対側はオプションセットとの組み合わせ。今回は同時期に発売されるHGレギンレイズジュリアが合わせて掲載されています。

4

いっぱいいっぱいではないですが、箱のサイズが大きいぶん、それなりにランナーが入っています。もう1枚くらいは入りそう。武器類が大きいので薄型ではちょっと厳しかったのかも。

5

3袋分のランナー。HGバルバトスルプスとくらべても1袋多くなっています。

6

では説明書を見ていきます。説明書は鉄血のオルフェンズシリーズおなじみの機体とパイロットの紹介。ガンダムバルバトスルプスレクスはテイルブレイドや腕部など、モビルアーマー・ハシュマルの装備をそのまま活用しているようですね。

では一通り説明書をどうぞ。

7

8

9

10

11

組み合わせの流れ的にはガンダムフレームなのでいつものHG鉄血のオルフェンズシリーズとそれほど変わりませんが、細かいところが違っている分新鮮味のあるパーツが多く、各部で楽しめる構造になっています。特に腕部はこれまでと違ってサブアームが内蔵されていたりと、組み立てる楽しみが多い部分でした。

では一通りランナーを見ていきます。

12

↑Aランナー。グレーのランナーです。ガンダムフレーム4なのでHGガンダムバルバトスルプスと同じものです。他にもHGガンダムバルバトス第6形態やHGガンダムフラウロス、HGキマリストルーパー、HGガンダムアスタロトオリジンなども同じガンダムフレーム4です。

13

↑Bランナー。赤、青、黄色、グレーのイロプラランナーです。HGガンダムバルバトスルプスレクス専用の各部パーツが並んでいます。

14

↑Cランナー。白いランナーです。こちらもHGガンダムバルバトスルプスレクス専用のランナー。白い外装パーツが集約されています。

15

↑Dランナー。グレーのランナーです。武器類やバックパック、その他外装パーツがあります。

16

↑ポリキャップ、リード線、ホイルシールです。リード線はハシュマルのものよりも圧倒的に細くて短いですが、HGガンダムバルバトスルプスレクスのテイルブレイドはしっかりと保持してくれます。シールを貼る箇所もなかなか多めですね。ポリキャップはいつものPC-002ですが半分くらいは余ります。

以上です。ガンプラの発売予定を考えると、これがバルバトスの最終形態ですかねー。最終形態としてはやや物足りなさも感じますが、ストーリーのラストに向けてより激しい戦闘が繰り広げられると思いますし、そうなるとこのガンダムバルバトスルプスレクスの価値もかっこよさもより増してくることでしょう。

そうなれば、劇中のシーンを再現したり、大型メイスやテイルブレイドといったギミックを使ったポージングをさらに楽しめるのではないでしょうか。

⇒楽天でHGガンダムバルバトスルプスレクスを探す
⇒駿河屋でHGガンダムバルバトスルプスレクスを探す


コメントを残す