バンダイから注文したパーツが届きました。

こんにちは!今回は、バンダイから注文したパーツが届きましたので、ご紹介したいと思います!

ガンプラを購入すると説明書にパーツを無くしたり壊したりした時に注文できる用紙がついています。今回その用紙をバンダイに送って、無くした部分のパーツが届きましたので、ご紹介したいと思います。

無くしたパーツを頼むのはネットでもできるんですが、ネットだと必ずその部品が注文できるというわけではなく、部品注文サイトに欲しいパーツのガンプラがなかったり、お支払い方法がクレジットカード/WebMoney/代金引換の3つだったりします。

HGのガンプラは特にというか、ほとんど部品注文サイトにないので、HGの部品を頼むには説明書に付いている注文用紙で注文するのが一番いいようです。

で、今回注文した方法は、封筒に宛先と自分の住所、氏名を記載し、82円切手を貼り、注文用紙に注文するパーツの番号と個数を記載して郵便局に持って行きました。

そして郵便局でパーツ代分とバンダイから送られてくるパーツの送料分の郵便定額小為替を購入し、それを注文用紙と一緒に入れて静岡のバンダイ静岡相談センター宛に送りました。

郵便定額小為替は、パーツの送料がいくらかよくわからなかったので、少し多めに1000円分の郵便定額小為替を購入して入れました。

詳しい送り方はバンダイのサイトをご覧ください。⇒部品注文のしかた 2015

そして送って約1週間と少しで届きましたので、画像付きでご紹介したいと思います。

DSC_0018

コチラの住所が記載され、140円切手が貼られた小箱が送られてきます。(パーツの大きさによって箱の大きさが違うと思います。)

DSC_0019 DSC_0020

すでに開けちゃってますが、裏面はガムテームでしっかりと包装されています。では開けてみましょう。

DSC_0021

丁寧にプチプチでくるまれたパーツが入っています。

DSC_0022

中に入っていたのは、パーツと定額小為替証書、そして案内用紙です。

DSC_0023

まずは定額小為替証書です。パーツ代と送料を計算して残りの代金が帰ってきます。定額小為替は50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円なので、もし10円単位のお釣りがあれば、切手も入っているかもしれません。

ちなみに定額小為替は1枚発行につき100円が必要です。

DSC_0024

案内用紙です。定額小為替証書の換金は、発行から6ヶ月以内となっています。丁寧でわかりやすくて助かります。

では注文したパーツをご紹介します。注文したパーツはHGバルバトスのパーツとRG ガンダムGP01フルバーニアン、HGガンダムGセルフパーフェクトパックのパーツです。

DSC_0025

DSC_0026

まずはHGバルバトスのパーツです。その部分だけ細かくカットしてあります。しかもナイロン袋に入っています。

DSC_0028

RGフルバーニアンのパーツです。これもわかりやすいですね。

DSC_0027

最後にGセルフパーフェクトパックのパーツです。

以上です。

パーツをなくしたり壊したりすると、残りをほっておくのか、パーツを注文して完成させるのか悩むところではあります。

ジャンクパーツとして保持するのもいいですし、注文した方が都合がいいかもしれませんし、それはお好みですし自由ですね。

こういったパーツの注文が楽にできると、いざというときに助かりますし、丁寧に包装されているのもありがたいです。

できればもっと注文方法がわかりやすければいいですし、どんなパーツでもネット注文できれば手間がかからなくて助かるのですが、そこは需要と供給の問題か、もしくは部品を注文するなら新しいものをもう一つ買って欲しいというのもあるんですかね~。

まあ、パーツがいい状態で届いたり、しっかりと対応していただいているのもさすがバンダイさんという感じなので、安心して部品注文できると思います。

バンダイでのガンプラ部品注文でパーツが届いたレビューでした。

ではでは~。


コメントを残す