注意事項:サーバーの移行により、サイトや画像がきれいに表示されない場合がありますことをご了承下さい。

ガンダムキャラの声優さん 関俊彦

今回はガンダムキャラに魂を吹き込む声優さんをご紹介します。 今回のガンダムキャラの声優さんはこの人。

関俊彦(せきとしひこ)

さんです!

関俊彦さんは昔から聞き慣れているとってもいい声の持ち主なので、この声とすぐに分かる声優さんです。過去の有名なアニメにも多数声を担当され、二枚目や三枚目のキャラを上手く演じられている素晴しい声優さんだと思います。

有名な作品は新機動戦記ガンダムWをはじめ、YAWARA!、天空戦記シュラト、らんま1/2、新世紀GPXサイバーフォーミュラなど名作が多数で、誰でも一度は聞いたことのある声なのではないでしょうか。

過去には山寺宏一さん、日高のり子さんとともにユニット・バナナフリッターズを結成して、CDやラジオ、舞台などもされていたようです。

では関俊彦さんのガンダム以外の担当されたキャラクターをご紹介します。

修羅王シュラト(天空戦記シュラト)
松田耕作(YAWARA!)
ムース(らんま1/2)
ブリード加賀(新世紀GPXサイバーフォーミュラ)
坂本竜馬(お~い!竜馬)
ル・バラバ・ドム(無責任艦長タイラー)
連城暁(探偵学園Q)
鉄仮面のデュバル(ONE PIECE)
他多数

この辺りは世代に分かれると思いますが、個人的にはYAWARA!の松田耕作やムースなどでよくこの声を聞いていましたね~。猪熊柔を追い回す少し頼りない新聞記者として、この声がベストマッチだったと思います。

関さんの声はイケメンでありながら、少し三枚目のようなキャラが一番あっているのかなあと思いますが、ガンダムでもそんな感じですね。イケメンなのになぜかモテないキャラが多いような気がします。

一度聞いたら忘れない声なので、これからも多くのキャラを担当していただきたいものです。

さて、それでは関俊彦さんが担当されたガンダムキャラをご紹介しましょう。

デュオ・マックスウェル(新機動戦記ガンダムW)

 dhuo

ヒイロ・ユイの性格を考えるとかなりバランスのとれたキャラクターだと思います。なんというか少し軽めの性格というか。5人の中では一番サバサバしているというかノーテンキというか(いい意味で)、なので二枚目ながらも三枚目のキャラクターですね。

ラウ・ル・クルーゼ(機動戦士ガンダムSEED)

 cluze2

SEEDでは悪役という立ち位置になっていますが、この人も悲しい運命を背負ったキャラクターなんですよね~。ですが関係のない人を殺めたり(フレイ他)、この世で唯一人を裁く権利があるってのも間違ってるきがする・・・。この人も仮面をとったらイケメンです。

レイ・ザ・バレル(機動戦士ガンダムSEED Destiny)

 ray

かなりのイケメンですが、テロメアが短く短命です。なぜそうなったのかは、Destinyをご覧いただくとわかります。真面目で冗談なんて言ったことがないというなかなかの個性派ですが、冷静かつ沈着なキャラクターでファンも多いのではないでしょうか。最後は良かったような、残念なような、そんな気分です。

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)

char

シャア・アズナブル(本物)です。まさかこの作品で関さんの声が聞けるとは思いませんでした(^o^)シャア・アズナブルに関してはいろいろとあるのでしょうが、まだ悲しみのアルテイシアを見ていないのでコメントは控えさせていただきたいと思いますm(_ _)m まあいろいろとあって、原作のシャアがシャアになったんでしょうね。

ごらんのとおり、関さんが担当されたキャラクターは100%イケメンです。性格上少し難のあるイケメンもいますが、やはり関さんの声=イケメンという構図があるのかもしれません。まあこの声を聞くとどうしてもイケメンをイメージしますからね。

ではそんなイケメンキャラの中から、ラウ・ル・クルーゼの名言をどうぞ!

そして滅ぶ。人は、滅ぶべくしてなぁぁ!

cluze3

この人の言ってることは意外と正論なんですよね~。人は同胞でありながら互いに傷つけ合いますし、思いや考え方の違いから争いを生むこともしばしばです。ですがそれでもお互いを理解し合い、共に助け合うのも人なので、この人のように全てを否定してしまったら終わりですよね~。

悪いところもあるかもしれないですけど、いいところも良くしていく可能性もあるのが人なので。

と、機動戦士ガンダムSEEDの最終話を見ながら人について語ってみるのでした(笑)

では今後の関俊彦さんのご活躍を期待して、今回はこのへんで。ではでは~。


コメントを残す