RG トールギス(TVアニメカラーVer.) レビュー

今回は、RG 1/144 トールギス(TVアニメカラーVer.)のレビューをご紹介します!

RG トールギス(TVアニメカラーVer.)は、『新機動戦記ガンダムW 』より、MS『トールギス』のTVアニメカラーバージョン1/144スケールモデルキットです。特徴的なTVアニメのカラーリングを成型色で再現。RGオリジナルギミックであるスーパーバーニアの精密な展開や内部ディテールを再現。ゼクス・マーキスのパーソナルマーク等を収録したマーキングシールが付属します。価格は2,750円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

「アフターコロニー(A.C.)」史上初の戦闘用MSであり、それ以降に登場するすべてのMSの始祖となった機体『トールギス』が、TVアニメと同じカラーリングとRGの精密な構造でキット化。2018年4月に発売されたRGトールギスEW(以下、EW版)をベースに、テレビアニメに登場したクールなカラーリングが再現されています。

成型色はツヤ感のあるホワイトとライトグレーの2色に加え、各部にブラックを配色。EW版ではイエローだった部分がホワイトに、背部スーパーバーニアや頭部メットなど各部がブラック成型色に変更されるなど、全体的に引き締まった印象になりました。

外装パーツはEW版と同じくアンダーゲート仕様。ゲート跡が目立たず、素組みそのままでも十分な見た目が楽しめるようになっています。

アドバンスド・MS・ジョイントパーツは腕部や膝下、ソールに使用。RGの定番だったアドバンスド・MS・ジョイントによる関節部分がほとんどパーツによる組み合わせになっているので、各部の強度は高めに仕上がっています。内部パーツにはKPSが使用されています。

EW版と比較しつつ、各部の配色の違いを見ていきます。

頭部。本体の成型色は同じですが、鶏冠部分は鮮やかな赤に、メット上部は黒成型色に変更されています。後部左右のダクトはEW版から変わらず黄色いパーツでの色分け。

トールギスのフェイスパーツを外した内部に、リーオータイプのフェイスが造形されています。

胸部は胸元の円形部分がブラウン成型色パーツで特徴的なカラーリングに。中央のコックピットハッチや腹部全体が黒成型色に変更されるなど、印象が大きく変わっています。エアインテークの配色は変わらずです。

コックピットハッチは開閉可能。内部は簡単なハッチが造形されています。

腰部はサイドアーマーの付け根装甲や下部の装甲が黒成型色に変更。中央の五角形モールドはイエローからライトグレーに変更されています。

リアアーマーは特に変わらず。

フロントアーマーを展開すると、可動に合わせて中央のバーニアが引き出されます。バーニアはEW版のダークグレーからブラック成型色に変更。

サイドアーマーやリアアーマーはメカニカルに造形されるなど、RGならではの作りになっています。

股間部にはスライドギミックがあり、脚部の可動域を広げることができます。

サイドアーマーは少し展開が可能。内部のボールジョイント軸により、大腿部と接続固定できるようになっています。

リアアーマーは広く展開が可能。内部もメカニカルに造形されています。バーニア内部は1重スリットが造形。

腕部をEW版と並べて比較。EW版ではイエローだったショルダーアーマーや手首のラインがライトグレー成型色のパーツに変更され、落ち着きのある仕上がりに。ハンドパーツもEW版ではダークグレーでしたが、TVアニメカラー版ではブラック成型色に変更されています。

ショルダーアーマー側面下部のカバーを開くことで、武装マウント用のハードポイントが露出します。ショルダーアーマー側面の装甲もEW版のダークグレーからブラックに変更されています。

脚部をEW版と並べて比較。トールギス特有の甲冑脚のようなフォルム。膝下の五角形モールドがイエローからライトグレーに変更されています。それ以外は変わらずで、側面のラインモールドも内部パーツによって色分けされています。

ソール部もEW版ではダークグレーでしたが、TVアニメカラー版ではブラック成型色に変更されています。

背部は特に変更はなし。スーパーバーニア接続用のアームはフレキシブルに可動します。

腰裏のロックを外すことで、上半身を幅広く前後スイングさせることが可能。

スーパーバーニアは大部分の配色が変更に。外装全体はホワイトからブラックに変更され、一部の装甲のみ同じに配色されています。五角形モールドやウイングもイエローからライトグレーに変更されています。

展開方法や内部の配色などは変化なし。同じです。内部がメカニカルに造形され、バーニア内部もそれぞれ細かいモールドが造形されています。

スーパーバーニアは付け根が回転可動しますし、上下にも幅広く可動します。アームを介して左右にも少しスイングが可能です。

RGトールギスEWと並べて比較。全体的に見ると結構違って見えます。背部スーパーバーニアや腰回りが黒くなったことでグッと締まった印象になっています。

RGトールギスⅡ、RGトールギスⅢとも並べて。ベースは同じですが、それぞれ個性的な造形、カラーリングになっています。どれもかっこいいですね。

各部可動域についてはRGトールギスEWと全く同じなので、そちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒RG トールギス EW レビュー

サークルシールド、ドーバーガン、ビーム・サーベル刃(クリアー☓2、クリアーピンク☓2)ドーバーガン用マウントパーツ、サークルシールド用マウントパーツ、平手(左右)、武器持ち手(左右)手首を伸ばした状態の武器持ち手(右)、ゼクス・マーキスフィギュア、ディスプレイ用ジョイントパーツが付属。

カラバリによって発生した余剰パーツがいくつか付属します。組み換えれば各部の配色を変更することも可能。

EW版と同じリアリスティックデカールが付属。

TVアニメカラー版用にゼクス・マーキスのパーソナルマークマーキングシールが付属しています。

ゼクス・マーキスフィギュア。EWから変わらずで、仮面を被ったタイプです。

サークルシールドをEW版のものと並べて。フチの黄色いラインがライトグレー成型色パーツに変更されている以外は同じです。

サーベルホルダーの基部は回転し、グリップも可動します。

サークルシールドはショルダーアーマーのハードポイントにフレキシブルアームを取り付けて装備します。フレキシブルアームは各部が細かく可動します。

ドーバーガンをEW版のものと並べて。こちらもダークグレーの部分がブラック成型色の変更され、さらに落ち着いたカラーリングになっています。左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端でモールド化されています。

下部のフックは可動式で、マガジンも脱着が可能です。後部をスライド展開させることで、弾頭型に造形されたモールドが露出します。

グリップは左右に展開することができ、グリップの付け根もボールジョイントで柔軟に可動します。

砲身下部にあるフォアグリップも付け根の回転や左右へのスイングなど、自由に可動します。なので、これらの動きによってドーバーガンがかなり持たせやすくなっています。センサー(赤◯)はクリアーパーツでの色分けです。

砲身は伸縮が可能。

ドーバーガンもショルダーアーマーのハードポイントに、フレキシブルアームを取り付けることで装備可能。こちらのフレキシブルアームはシールド側のものよりも一節多いものになっていて、その分より柔軟に可動するようになっています。

ドーバーガンとシールドを装備して。

結構強度が高いので、グリグリ動かしてもそんなに外れたりすることなくポーズを取ることができます。アームに長さがない分、多少余裕なくぎこちなさもありますが、グネグネとアームを動かしながら配置することでポーズは取れます。

両手持ちもそこまで余裕はないですが、可動箇所が多いので少しずつ調整していく感じ。

スーパーバーニアを展開して。かっちりと固定されるわけではなく、手が当たると閉じたりしがちなので、一度展開させたら基部を持って動かすのが良いかと。

ビームサーベルは柄がハンドパーツでダボ固定されるので、かっちりと保持させることができます。

突き型の手首パーツが付属するので、西洋騎士っぽい突き刺すようなポーズも再現することができます。

ビームサーベル刃はクリアーピンクとクリアーの2色が付属するので、ピンクをそのまま使ったり、クリアーを塗装して自分好みのサーベル色を楽しめるのがいいですね。

適当に何枚かどうぞ。

スーパーバーニアを展開した状態の背部造形はかなり秀逸。

以上です。特徴的なテレビアニメカラーにより、トールギスがより紳士的でクールに仕上がっていると思います。EW版よりも上品さを感じますね。キット構造もRGならではの精密さで、ガシガシ動かしてもポロリはないですし、色んなポーズがサクサク進みます。

できればテレビ版仕様に背部スーパーバーニアの基部などが新造されていると良かったですが、展開すればダイナミックなスタイルになりますし、テレビアニメ仕様の黒いカラーリングもメカニカルさが強まってよく見えます。

もともと完成度の高かったトールギスがさらに魅力的に感じられるカラーリングになっているので、ディスプレイやポージングなど、再びトールギスの魅力に浸ってみるのもいいのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でRG トールギス(TVアニメカラーVer.)を探す
⇒駿河屋でRG トールギス(TVアニメカラーVer.)を探す
⇒ヤフーショッピングでRG トールギス(TVアニメカラーVer.)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す