MG ジムII(ユニコーンVer.)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ジムII(ユニコーンVer.)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は、専用の説明書が付属するので、塗装済みキットを使用した合成画像ではなく、イラストの単色カラーになっています。市街地を戦場として描かれているので、やはりUCのワンシーンをイラスト化したもののようですね。

パッケージにはかなり厚みがあり、HGの倍の大きさがあります。

長さも通常のHGサイズよりも1cmほど長め。最近発売されたもので言うと、MGジム・スナイパーⅡWD版やHGバイアラン・イゾルデ、MGウエポン&アーマーハンガーと同じサイズです。

側面は英語表記のみ。ちなみにMASS PRODUCEDは『大量生産された』という意味です。つまり量産型ということですね。

では開封。箱にたんまりランナーが入っています。余剰パーツが多いこともありますが、いろんなキットからの流用ランナーが詰め込まれています。

ランナーは全部で8袋分。ほぼ赤、白、グレーのランナーが占めています。

では説明書を見ていきます。まずは表紙です。パケ絵とは違ってカラーイラストが表紙を飾っています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。内部構成はだいたいMGガンダムVer.2.0やMGジム系キットと同じなので、このあたりは多く組んでいる方にとっては特に目新しいものではなさそうですね。構造的に、サンボル版のMGジムもできそうなのでお願いしたいです。しかもエマージェンシーポッド付きでm(_ _)m

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。イエロー、グレー、ホワイト、クリアーグリーンのイロプラランナーです。『MG1/100ジムVer.2.0』と印字され、頭部の一部やエアインテークパーツくらいしか使用しません。殆どは余剰パーツになります。

↑Aランナー。クリアー、レッドのイロプラランナーです。『MG1/100ジムⅡ(UC)』と印字されていますが、使用するのはシールド用のパーツだけで、他は余剰パーツになります。

↑Bランナー。レッドのランナーです。『MG1/100ジムVer.2.0』と印字され、背中と胸中央、そして足裏のパーツだけ使用します。残りは余剰パーツ。

↑Cランナー。グレーのランナーです。『MG1/100ジムVer.2.0』と印字され、頭部や胸部、コア・ブロックの一部パーツを使用します。他は余剰パーツで、ビーム・スプレーガンが丸々入っています。

↑Cランナー。ホワイトのランナーです。『MG1/100ジム改』と印字されています。シールド裏だけを使用するというなんとも大胆で贅沢極まりないランナーです^_^;

↑Eランナー。ホワイトのランナーです。『MG1/100ガンダムVer.2.0』と印字されています。このランナーはアンクルガードや駆動部分の丸型パーツなど、多くのパーツを使用します。

以下、しばらく『MG1/100ガンダムVer.2.0』からの流用ランナーが続きます。MGジムVer.2.0がMGガンダムVer.2.0からの流用ランナーで出来ているので、そのMGジムVer.2.0をベースにしたMGジムⅡ(ユニコーンVer.)なので、MGガンダムVer.2.0用ランナーが多いんですね。(あぁ・・・もうわけがわからなくなってきた^_^;)

↑Fランナー。ホワイトのランナーです。こちらも太ももや二の腕パーツなど、多くのパーツを使用します。

↑Gランナー。グレーのランナーです。画像右半分のパーツのみ使用します。他は余剰パーツ。

↑Hランナー。グレーのランナーです。腹部、腰部、肩部などの内部パーツ類で、余剰パーツは殆どありません。

↑Iランナー。グレーのランナーです。バックパックや腕部の内部パーツ、武器類のパーツなど。Iランナーもほとんどのパーツを使用するので、余剰パーツは少ししかありません。

↑Jランナー。グレーのランナーです。脚部の内部パーツ類。Jランナーは全てのパーツを使用します。

↑Lランナー。グレー、イエロー、クリアーグリーンのイロプラランナーです。『MG1/100ジムⅡ』と印字されています。一部余剰パーツがありますが、殆どのパーツを使用します。

↑M1、M2ランナー。ホワイトのランナーです。・・・ランナー数が多いですね^_^; M1、M2共に『MG1/100ジムⅡ』と印字されていますが、一部のパーツがくり抜かれた状態になっています。

↑N1ランナー。イエロー、ホワイト、レッド、グレーのイロプラランナー。『MG1/100ジムⅡ(UC)』と印字され、全てのパーツを使用するユニコーンバージョン限定のランナーです。(なんか安心する~^_^;)

↑N2ランナー。ホワイトとレッドのイロプラランナーです。N1の一部と同じ。

↑ポリキャップ(PC-202)、ビーム・サーベル刃ランナー、ホイルシール、水転写デカールです。デカールにはトリントン基地のロゴがしっかりと再現されてあるのがいいですね。

以上です。こう見るとランナー数が多く、大部分が他キットからの流用ランナーで出来ていることが分かります。ベースのMGジムVer.2.0が流用なら、ユニコーンVer.は流用の流用って感じでいろんなランナーが積み重なってますね^_^;

説明書も色違いのAランナーが2枚、Cランナーが2枚など、組み立てで少し迷いそうなところもあるので、その点を注意しながら組んでいただければと思います。

まぁキット自体はしっかりとしていてポージングも楽しめるので、余剰パーツでカスタマイズしつつ、いろんなジム形態を遊んでみるのもいいかもしれませんね。

⇒楽天でMGジムⅡユニコーンVer.を探す
⇒駿河屋でMGジムⅡユニコーンVer.を探す
⇒ヤフーショッピングでMGジムⅡユニコーンVer.を探す

コメントを残す