MG ジム・ドミナンス レビュー

今回は、MG 1/100 ジム・ドミナンスのレビューをご紹介します!

MG 1/100 ジム・ドミナンスは、ガンダムエースの連載『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー』に登場するジム・コマンド系上位機『ジム・ドミナンス』の1/100スケールモデルキットです。MGジム・スナイパーⅡのフレームをベースに、各部を新規造形で再現。ブルーディスティニー登場機らしいメカニカルな造形を持ったキットになっています。価格は4,860円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

洒落たデザインが特徴的なMGジム・ドミナンス。実践向けに改修するためのデータ収集機として開発された機体です。MGジム・スナイパーⅡをはじめ、MG ガンダムVer.2.0、MGジムVer.2.0、MGジム・スナイパーカスタムなどのパーツと、新規外装パーツによって構成されたキットになっています。

ブルー、ライトグレー、グレーの成形色で構成され、UCのジム系に比べて少し派手さのある配色が特徴的。

自立は通常のMGジム系キットとあまり変わらずで、まずまず普通に自立してくれます。特別大きな装備もないので、一方向に偏ることもありません。腕部の付け根など、部分的にポリキャップ(PC-202)が使用されています。

頭部。MGジム・スナイパーⅡベースですが、全体的に新規パーツで構成されています。バイザーと額の複合センサーはクリアーグリーンパーツ。頬のダクト内部は塗り分けが必要です。

右側面には新造されたアンテナを装備。適度にモールドも入っていてリアルさがあります。頭部は前後挟み込みタイプですが、組合せ方が悪いのか、少し隙間ができました。

複合センサーは上下に可動させることができます。

胸部。ジム系キットの面影を残しつつ、グレーのアーマーなどによって特徴的でメカニカルな造形が再現されています。肩のダクトやエアインテークは白いパーツで色分けされています。

コックピットハッチは展開可能。内部には白い成形色のパイロットが収納されています。

頭部内部はMGジム・スナイパーⅡと同じく、レールなどが入ったメカニカルな造形になっています。

腹部、腰部。フロントアーマーもグレーの装甲による特徴的な形状になっています。サイドアーマーとリアアーマーはジム・スナイパーⅡと同じ形状ですが、リアアーマー中央にはジム・スナイパーカスタムで装備されていたバズーカを懸架できるフックを装備しています。

フックは展開可能。アーマー裏は裏打ちパーツによってしっかりと造形されています。

腕部。全体的にMGジム・スナイパーⅡとあまり変わらない形状ですが、前腕にボックスタイプのアーマーが造形されています。

アーマーにはシールドとビーム・サーベルマウント用の穴が空いています。

ショルダーアーマーはMGジムスナイパーⅡと同じ、合わせ目がモールド化されているタイプ。ですが側面のダクト部に厚みのある装甲を持っていて、ダクトは白いパーツで色分けされています。プレバンのホームページを見る限り、ダクト内を塗り分ける仕様ではなさそうです。

脚部。MGジム・スナイパーⅡをベースに、新規外装パーツで造形されています。脚部本体は複数パーツの組合せなので合わせ目はありません。

膝のダクトは内部パーツで色分けされ、ふくらはぎも特徴的な造形になっています。後部のスラスターカバーも新造されて特徴的な形状に。スラスター内部には別パーツを取り付けるようになっていますが、後の塗装を考慮して取り付けていません。

左大腿部にはビーム・サーベルマウント部が造形されています。

側面の新造スラスターはダボによる接続。

特徴的でメカニカルな造形です。左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができます。キットの造形がいいだけに、これはちょっと残念かも。

下部のスラスター内部はスリット入り。少し上下可動します。

足首から下の部分。MGジム・スナイパーⅡと同じ形状ですが、アンクルガードが新造されています。アンクルガードははめ込みが少しシビアなので、合わせ目に隙間ができたりします。合わせ目を消すのは少し面倒かも。

バックパック。ジム・スナイパーカスタムベースに新造された部分です。ジム・スナイパーカスタムに比べバーニアがマイナスモールドに変更され、側面に小さいバーニアが造形されたものになっています。

下部のスラスターは内部パーツにスリットが入っています。

バックパックはMGジム・スナイパーⅡと同じ四角いポリキャップ接続。

塗装・改修済みのMGジム・スナイパーⅡ、MGジム・スナイパーⅡ(ホワイト・ディンゴ隊仕様)と比較してみました。ドミナンスは近未来的なデザインになっていて、若干高さがあります。

その他のジム【MGジムコマンド(コロニー戦仕様)、MGジムⅡ(ユニコーンVer.)】と。

MGジム・スナイパーⅡのスコープを覗き込むような可動ができない構成で、上下にはあまり動きません。

左右へは、多少顎と襟が干渉しますが、真横程度にまで可動します。

少しショルダーアーマーと頭部アンテナなどが干渉しますが、腕はかなり高く上げることができます。

肩は前方へはしっかりと展開。後方には可動するようになっていません。

肩(ショルダーアーマー)は柔軟な可動で高さを調整することができ、肘はしっかりと折り曲げることができます。

胸部は少し左右に振ることができます。

腹部は、前方ヘは少しですが、後方へはしっかりと反らせることができます。

腰は360度回転可能。付属のマウントパーツを使用してアクションベースにディスプレイします。比較的小柄なキットなので、アクションベース5などの小さいものでもまずまず安定してディスプレイできました。

前後開脚はまずまず。前側はこれ以上に上げることもできますが、フロントアーマーがそれほど角度をつけることができないので外れてしまいます。

膝は大腿部と後部のアーマーが干渉するまでは曲げることができます。

足首の前後可動もまずまず。

足裏は各部の角度を変えて反らせることができます。

左右へも水平程度にしっかりと開脚可能。左脚部は大腿部にサーベルマウント部が造形されているので、サイドアーマーが干渉して少し外れやすくなっています。

足首の左右への可動もまずまず。

内股、ガニ股は大腿部が干渉するのでそれほど回転させることはできないようです。

腿を上げるとフロントアーマーが外れるので、あまりキレイな立膝はできませんでした。

二連ビームキャノン、ビーム・サーベル刃☓2、シールド、サーベル柄(予備)、武器用、サーベル用、平手マニピュレーター(左右)がそれぞれ付属します。

その他、MGジム・スナイパーⅡ、MG ガンダムVer.2.0、MGジムVer.2.0、MGジム・スナイパーカスタムなどの余剰パーツが多数付属します。どれもパーツが足りないので、別キットとして組むことはできません。

ジム・ドミナンス専用の水転写デカールが付属。特徴的なマーキングがいいですね。

二連ビームキャノン。フルアーマーガンダムのものに似ていますが、少し形状が異なる新造武器になります。青い外装アーマーにはシールドをマウントできる穴が2箇所空いています。

砲身、グリップ部ともに左右挟み込みタイプなので、上下に合わせ目ができます。一部は段落ちモールド。

キャノンとグリップは分離可能。

キャノンの砲口は開口しています。グリップ部のセンサーは別パーツによって色分けされていますが、後の塗装を考慮してはめ込んでいません。センサーは可動します。

二連ビームキャノンはグリップを外して前腕のダボ(アーマーを外した状態)に差し込むことで、それ単独で装備も可能ですし、グリップを持たせてから二連ビームキャノンを取り付ける保持状態でも装備可能です。

グリップなし。

グリップあり。

左腕部にも装備可能。

シールド。MGジムVer.2.0などに付属しているものと同じですが、表面に黄色十字のマークはありません。

マウント部やグリップはそれぞれ可動し、マウント部がスライド可動します。

のぞき穴もスライドさせて閉じることができます。

以上です。近未来的なデザインもいいですし、MGおなじみのの柔軟な可動域を持っているので、ちょっとしたポージングでも簡単に躍動感が表現できるのがとてもいいですね。HGにはない可動箇所の強弱など、力を入れるところ、抜けているところの表現なども柔軟にできるので、様々なポージングがリアルに演出可能です。

武器類は少なめですが、二連ビームキャノンもいいですし、ボックスタイプビーム・サーベルもトンファーのような味のあるスタイルにできます。シールドも最低限の仕様ではありますが、キットとのデザイン的な相性もまずまずなのでいいと思います。

デザインには好みが出るかもしれませんが、実物は思いの外よく見えるので、入手して損はないキットになっていると思いますよ。

icon

⇒楽天でMG ジム・ドミナンスを探す
⇒駿河屋でMG ジム・ドミナンスを探す
⇒ヤフーショッピングでMG ジム・ドミナンスを探す

4 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年6月22日 at 21:24 - 返信

    形成色がかっこよすぎる
    買えばよかった

    • nori

      on 2018年6月24日 at 23:02 - 返信

      コメントありがとうございます!
      かなりデザイン的にも構造的にも質の高いキットになっていると思います。
      今後発売されるキットもこのレベルだといいですね^_^

  2. 匿名

    on 2018年6月23日 at 17:42 - 返信

    箱が巨大ですよね~届いて驚きました。
    何気にABSが無いのは塗装する人には良さげですね。
    ドミナンスの余りパーツとGMキャノンで、GMの青/白や青/灰も組めそうですね。

    • nori

      on 2018年6月24日 at 22:54 - 返信

      コメントありがとうございます!
      MGジム系キットの中ではでかい箱で、ちょっとしたガンダムタイプレベルですよね^_^
      大量の余剰パーツのおかげで箱もでかくなっているという(笑)
      青白ジムの発想も、どこかの所属機ではないオリジナルのジムが楽しめそうで面白いですね!

コメントを残す