HGBF GM/GMのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 GM/GMのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージには頭部の違う3機のGM/GMが掲載。劇中ではジムⅡ型頭部の1機しか登場しなかったような・・・・。ちなみにGMの逆襲はジムの逆襲ではなく、GUNPLA MAFIA(ガンプラマフィア)の逆襲なんですね。逆襲ってほどキョーレツな敵ではなかったですけど^_^;

それにしても、プレバンなどでサイコジムやガンダムフェニーチェリベルタといったビルドファイターズ新プロジェクトの登場機が多数キット化されていますし、まさか忍パルスガンダムが破壊したガンプラが全部キット化されるなんてことはあるまいな・・・って感じです^_^;

パッケージは縦横は一般的なHGと同じで、厚みが少し薄めです。それほどビッグな武器も付属していないですし、ジムが1機入っているだけなのでパーツ数も少なめ。パッケージにはジムが3機写っていたりしてなんとなくボリュームがありそうな印象ですが、実際はそーでもないんですね。

横絵はアクションギミックやマウント用穴、3種頭部の解説など。HGBFスターバーニングガンダムと同じようにキット解説やストーリー解説なども掲載。

このサイズのパッケージにしてさらに端の方には隙間があります。このGM/GMは可動域がとにかく広く、パーツ数も少なめです。組み立てもし易いですしポロリもないので、ポージングの実験機なんかに使ってもいいですね。

ランナーは3袋分。

では説明書を見ていきます。表紙はおなじみのパケ絵と機体解説。3種の頭部イラストも合わせて掲載されています。特に所有者画像の掲載はないですが、『ガンプラマフィア K』の詳細が記載されています。『組織は独自開発したGM/GMをメインとしながら・・・』と記載されていますが、劇中ではあまりにもGM/GMの存在感が薄かったです^_^;

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。関節の柔軟性は折り紙付きですが、肩部がワイドに展開するギミックはHGBFビルドバーニングガンダムやカミキバーニングガンダム、スターバーニングガンダムなどと似た構造になっているようです。ですがこちらのほうが、展開時にカチカチッと2段階で展開する分、進化しています。

ではここから各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。レッド、グレー、イエロー、クリアーグリーンのイロプラランナーです。脚部やバックパック、武器類などがあります。

↑B1ランナー。ホワイトのランナーです。ただ、純粋なピュアホワイトではなく、昔の接着剤を使う白一色ガンプラの成型色のように、少し水色っぽさが混じった懐かしさを感じる色合いになっています。脚部や腕部、頭部、シールド裏などのパーツ類です。

↑B2ランナー。B1の一部と同じホワイトのランナーです。

↑Cランナー。グレーのランナーです。『HGBF1』と印字された汎用性の高いランナーです。ですがこのランナーを使ったキットで確認できたのはHGBF ガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチだけでした。

↑D1ランナー。グレーのランナーです。ジムおなじみのビームスプレーガン。これこそいろんなガンプラに付属させられそうです^_^;

↑ポリキャップ、ビーム・サーベル刃、ホイルシールです。ポリキャップはおなじみのPC-002に筒型の『A』が付属したものになります。ホイルシールは切り出して他のキットにも使えるものになっています。

以上です。キット性能は素組みページでご紹介したとおりですが、ジムなのになかなか魅力的な要素を持ったガンプラになっていると思います。ただでは転ばない、ある意味主役機のHGBFスターバーニングガンダムよりも美味しいキットと言えそうです^_^

これだけでも十分に楽しめますが、同日発売のHGBC 1/144 ジムジムウエポンズを始め、様々なオプションパーツを使ってカスタマイズすることで、より魅力的なキットとして楽しめそうなのがいいですね。

⇒楽天でHGBF GM/GMを探す
⇒駿河屋でHGBF GM/GMを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF GM/GMを探す


コメントを残す