HGBF A-Zガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 A-Z(エーゼット)ガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は劇中と同じくバトルフィールド『スペース』でのバトルシーン。ツインハイパーメガランチャーを発射するA-Zガンダムの姿が掲載されています。一般発売でありながらナンバーが無いところをみると、やはりアマゾンだけの限定品仕様というのが色濃く出てますね。ということは、ナンバーは店頭発売のために必要な番号ということになりますな;(そもそもアマゾン限定なので一般発売かどうかも微妙・・・)

箱のサイズはかなり大きめ。通常のHGサイズよりも2cmほと高さがあり、縦横も1cm程度大きめのパッケージになっています。一般発売のガンプラよりもむしろプレバンでよくあるサイズ。ボリューム感と特別感があります。

側面はいつもの素立ちの前後写真やアクション、ウェポン、変形ギミックなどが掲載。プレバンのような文字だけでないのは嬉しいところです。

では開封。大きめパッケージですが箱いっぱいにランナーが入っています。

ランナーは全部で5袋分。

では説明書を見ていきます。表紙はおなじみのパケ絵と機体解説、そしてパイロット(所有者)の詳細が記載されています。所有者は3代目メイジン・カワグチことユウキ・タツヤ。バトルではほぼ髪をかきあげてオールバックでバトルに挑みます。

バトローグ第5話ではユウキ・タツヤとイオリ・セイがバトルを繰り広げますが内容はほぼ互角。セイはバトルがヘタなんじゃなくて、好きなガンプラを傷つけるのが嫌で、迷って実力が出せなかったんですね。まぁA-Zガンダムとは関係ない話題でしたが、それにしても、形式番号『amazon.co.jp』って・・・;

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立て構成はHGUCゼータガンダムがベースなのでほぼゼータと同じ構成になっています。後半は武器類やバックパックが新規造形のもので新鮮。まぁいつものHGBFキットらしいですね。ゼータベースのHGBFといえばスクランブルガンダムやライトニングゼータなどがありますが、どれもこのA-Zガンダムとは構造が異なります。

カラーガイドに関しては少しスペースが小さめになっているので、画像をクリックして大きく表示しても見えにくところがあるかもですがご了承くださいませm(_ _)m

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。オレンジ、イエロー、クリアーグリーンのイロプラランナーです。HGUCゼータからの流用で、脚部や胸部などのパーツ類になります。

↑B1ランナー。ホワイトのランナーです。各部白い外装パーツ類。こちらもHGUCゼータからの流用。

↑B2ランナー。ホワイトでB1ランナーの一部と同じです。

↑C1ランナー。グレー、ダークブルー、ホワイト、オレンジのイロプラランナーです。A-Zガンダム専用のランナーで、ツインハイパーメガランチャーやウェイブライダー用内部パーツなど、独特のパーツ類が並んでいます。

↑C2ランナー。イエロー、ホワイト、グレー、ダークブルーのイロプラランナーでC1の一部と同じ。ですがC1とはエアインテークパーツと腹部パーツとで形状が異なります。

↑D1、D2ランナー。ライトブルーのランナーです。A-Zガンダムの外装パーツやフライングブースター、A-Zビームサーベルシールド用パーツなど。

↑E1ランナー。グレーのランナーです。内部パーツ類。変形機構を持つため、内部パーツ数が多めです。HGUCゼータガンダムからの流用。ゼータだと左下にウェイブライダー用内部パーツがありますが、A-Zガンダムでは省かれています。ランディングギアも余剰パーツ扱い。

↑E2ランナー。グレーのE1と同じ形状ランナーです。

↑F1、SB-13ランナー、ポリキャップ、ホイルシールです。ホイルシールは額センサーとツインアイを補う箇所のみ。クリアーグリーンのサーベル用ランナーはF1とSB-13とでは素材が違います。

F1は固めで『HGAW1/144ガンダムダブルエックス』と印字。HGダブルエックスからの流用になります。ここに来てダブルエックスからかよ!っていい意味で驚きですが、逆に新鮮でいいですね。SB-13はおなじみの軟式ビーム・サーベル刃。

以上です。キット自体はHGUCゼータガンダムベースにボリューム感のある外装パーツを使用した少しヘビーなゼータが楽しめると思います。ガンプラビルダーズTV動画を見る限り、頭部と肩部だけでなく各部に『A』を模したディテールが再現してあるみたいなので、それらを探すのも楽しみのひとつかと。

可動域は広いので、劇中シーンの再現はし易いですね。ゴテついた外装の割にはよく動くキットになっていると思います。2018年2月に発売されるビルドストライクギャラクシーコスモスを用意すれば、バトローグ第5話のシーンが再現できるので、文字通り『ガンプラは最高だ!』と思える楽しみ方ができそうですね。

⇒アマゾンでHGBF A-Zガンダムを探す
⇒楽天でHGBF A-Zガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBF A-Zガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF A-Zガンダムを探す


コメントを残す