HGBF リバーシブルガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 リバーシブルガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はおそらく、バトローグ第1話のコロニー内でバリスティックザクとバトルを繰り広げたシーンです。劇中に登場したキャノン形態やタンク形態もパケ絵に掲載。

バトローグはWEB配信の作品だからか、第1話ではシャア、アムロ、リボンズといった疑似人格が操作したり、第2話ではビルドファイターズらしいバトルを繰り広げたり、第3話ではこまんどふみな&リックドギャン子が登場したりと、少し一貫性のないバラエティに富んだ作品になっています。やっぱりガンプラの売れ行きとか、アクセス数とかを吟味しつつ試作的に配信してるってことですかね~。

箱のサイズは通常のHGよりも少し大きめ。長さも少しだけ長く、最近発売されたういにんぐふみなと同じ大きさでした。

横絵に掲載されているのは、大きくは各変形モードの紹介です。付属している武器類は少なめなので、メインはキャノン形態やタンク形態への変身って感じですね。

箱にはパンパンにランナーが入っています。変形機構によって各部が複雑な構成になっているため、パーツ数もその分多くなっているようです。リボーンズガンダムの余剰パーツもちょいちょいありますしね。

ランナーは全部で5袋分。まずまず多いほうかと。

では説明書を見ていきます。いつものようにキット解説と所有者の解説が記載されています。さすがに劇中で登場していたリボンズやアムロの紹介ではないですね^_^; ちなみにアムロ曰く、リボンズと声が似ているのは他人の空似だそうで・・・^_^;

では一通り説明書をどうぞ。

組み立てのベースはもちろんリボーンズガンダムです。変形機構もほぼおなじ。このような変形は他キットには採用されていないので、組立工程としては新鮮で楽しめる感じですね。

初めてリボーンズガンダムを見たときにはまさかのリバーシブルで驚きましたが、赤いキャノン形態は一粒で2度美味しい感を味わえるのが良かったです。・・・・って、リボーンズガンダムの感想になっちゃいましたね^_^; このキットは一粒で3度美味しいが味わえるので、よりお得感が感じられると思います。その分ちょっとごちゃついてますけど・・・^_^;

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。クリアー、ホワイト、ライトイエローのランナーです。頭部、腰部、腕部といったパーツ類。リボーンズガンダムからの流用です。

↑Cランナー。ホワイトのランナーです。同じものが2枚あります。脚部や腕部など。こちらもリボーンズガンダムからの流用です。

↑Dランナー。グレーのランナーです。内部パーツ類や余剰パーツのGNバスターランチャーがあります。こちらもリボーンズガンダムからの流用です。GNバスターランチャーがあるのに、劇中に登場したファングは付属しないんですね^_^;

↑E1ランナー。グレーのランナーです。キャノン形態用腕部パーツやGNバトルシールド、GNハンドガンなどのパーツ類。同じものが2枚あり、リバーシブルガンダム専用のランナーになっています。

↑F1ランナー。ホワイトのランナーです。リバーシブルガンダム専用ランナーで、脚部やGNバトルシールド、頭部、腰部などの各部パーツ類です。

↑F1ランナー。ホワイトのランナーです。F1ランナーの一部と同じです。

ポリキャップ(PC-001)とPC-07、そしてホイルシールです。別途ポリキャップが付属しているのは珍しいですね。

以上です。バトローグ第1話から唯一キット化されたガンプラが10月発売というのは、このキットの注目度があまり高くないということなのかもしれませんが、リボーンズガンダムが好きならこのキットも楽しめると思います。

キャノン形態時のGNバスターキャノンが折りたたんで重厚なバックパックになったり、リアアーマーの肉厚な感じも、リボーンズガンダムよりもマッシブ感があるのでかっこよく見えますね。

干渉箇所が多いのが弱点ですが、GNハンドガンや余剰のGNバスターランチャー構えたポージングは想像以上に様になってくれるので、ポージングするとかっこよさが増すという、なかなかあなどれないキットになっていると思いますよ。

⇒楽天でHGBFリバーシブルガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBFリバーシブルガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFリバーシブルガンダムを探す

コメントを残す