HGBD グリモアレッドベレーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD 1/144 グリモアレッドベレーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パッケージはプロローグで登場したバトルフィールドの建造物内部のシーン。ミニモアを従えながらインラインダッシュで滑走するグリモアレッドベレーの姿が掲載されています。プロローグではAGEⅡマグナムと激しいバトルを繰り広げてくれましたが、まだミニモアが少ししか登場していないですし、かわいいロンメルも見たいので、もっとレッドベレーがビルドダイバーズに登場して欲しいところです。

パッケージサイズは一般的なHGと同じ大きさです。キットボリュームも標準的なサイズかと。

横絵はこんな感じ。ミニモアやシザークロウなど、目新しい武装類が目を引きます。背中のミニモアラックは先日発売されたHG陸戦型ガンダムと比べてもまた違った感じがあっていいですね。

では開封。大判ランナーが表面を覆っているため、なかなかボリューム感のあるように感じます。最近のガンプラはホントに質が高く、組み立てがしやすくなっているのでいいですね。スコープドッグと言えば昔組み立てた時に、黄色い接着剤でベタベタになっていた記憶があります;

全部で5袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。ビルドダイバーズおなじみのデザインになります。機体解説と所有者の詳細、そして下にはガンダムビルドダイバーズの豆知識(語録)が掲載。ガンプラ説明書を読むことで知識が広がり、ビルドダイバーズをより幅広く楽しめるようになっています。語録は今回はフォースバトル。フォースバトルを簡単に言うとチーム戦ということですね。

ロンメルはGBN(ガンプラバトル・ネクサスオンライン)ログイン時のアバターはかわいい出で立ちですが、実物はどうなんでしょうね。いいおっさんだったりして・・・・;

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。組み立ては2014年に発売されたHGグリモアとだいたい同じです。後半の武装類は全く異なるので、その点は新鮮。ベースのグリモアは比較的新しいキットですが、合わせ目は結構ありますね。ですがその分、組み立てが簡単になっていますし、小さいパーツが少ないのでサクサク組み立てることができました。

カラーガイドはミリタリー調の凝った調色になっています。どの色も複数色を混ぜ合わせるのでちょっと手間。キット自体マットな質感ですし色分けも良いので、めんどくさかったら細かい部分だけ筆塗りで色を加えて、そのままつや消しを吹いて終わりにしてもいいのかもです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。マットな質感のグリーンランナーです。胸部、脚部、腕部、シールドなど各部のパーツ類になります。HGグリモアからの流用。

↑A2ランナー。A1ランナーの一部と同じ形状。

↑B1、B2ランナー。ライトグリーンのランナーです。腹部コックピットブロックや腰部、腕部パーツなど。HGグリモアからの流用です。

↑D1、E1、E2ランナー。D1がブルー、E1がレッド、E2がクリアーのランナーです。ミニモアと頭部、肩部パーツなど。レッドベレー用新規ランナーになります。

↑F1ランナー。グレーのランナーです。アサルトライフルやミニモアラック、ミニモアなどのパーツ類。

↑F2ランナー。グレーのランナーです。F1の一部と同じ。

↑G1、G2ランナー。マットなグリーンのランナーです。頭部や腰部、脚部、腕部など各部のパーツ類。レッドベレー用の新規ランナーになります。

↑ポリキャップ(PC-002)、ホイルシール。

以上です。マット系で新しい質感の成形色パーツを使っているので画期的なところもありますし、全体的なフォルムやカラーリングもミリタリー感が出ていてカッコイイです。グリモアとは違った良さを感じますね。さらにスコープドッグのようなイメージも感じさせるので、馴染みのあるファンにはなかなか魅力的に映るかと思います。

キットの完成度を見る限り、スコープドッグぽいのは製作者さんの私情が入っているところもありそうで、他のガンダムタイプよりも先に考案された感がプンプンしますがどうなんでしょう。(ダブルオーダイバーやAGEⅡマグナムがやっつけっぽい;)

組み立ても比較的ラクですし、塗装するにも汚しを加えたりして楽しめます。ミニモアが付属することで親しみやすさを感じることもできますし、柔軟性を持つビルドダイバーズのキットとして、色んな部分で遊びゴコロをくすぐられるキットなのではないでしょうか。

⇒楽天でHGBD グリモアレッドベレーを探す
⇒楽天でHGBD グリモアレッドベレーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD グリモアレッドベレーを探す

コメントを残す