HGAC ガンダムサンドロックのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGAC 1/144 ガンダムサンドロックのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はマグアナック隊を携え、先陣を切るサンドロックの姿が掲載。劇中のどのシーンかは覚えがないですが、カトル初登場のトロワ援護シーンなのかなとも思います。対峙しているのはOZのリーオーやエアリーズ辺り?それにしても、新作キットが登場するたびにパケ絵の質が高くなっていくのは嬉しい限りです♪ HGUCではないので側面のナンバー周りはシルバーです。

パッケージサイズは一般的なHGと同じ大きさ。

横絵は割とシンプルで、サンドロックに関する記載は片側のみ。それも目を引きそうなポージングやギミックだけが掲載されているようです。ガンダムブレイカーのプロダクトコード入りなので、そちらの紹介も添えてといったところでしょうか。

開封。バランスよく入っているようですね。流用を目的としているのか、一部が欠けたようなランナーも多く見られます。流用があるとすればEW版やサンドロック改ってところかな?

全部で3袋分のランナーです。

説明書はよくある大判B5サイズのものよりも小型のA5サイズ。HG鉄血のオルフェンズシリーズなどの説明書と同じです。同シリーズのHGACリーオーはA5サイズで、HGACマグアナックはA5サイズ。本当に説明書の基準はわかりませぬな;(リーオーはGUNPLA EVOLUTION PROJECTのキットだからかな?)

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。パーツによる色分けもしっかりと再現されていて組み立てやすい、最新のキットならでは構造という印象。腰や肩など各部の造形もリアルに再現しつつ、できるだけ組み立てやすいようにという配慮がされているようです。ただ、それの弊害からかシールド裏や腰アーマー裏などが派手な色になっていたりするので、その点はちょっともったいない気もします。

カラーガイドはまずまずな調色で、定番のトリコロールカラーとは少し異なるサンドロックカラー。前腕や脚部の合わせ目は消したいところですが、成型色がつや消しなので簡単フィニッシュで済ませても十分なキットだと思います。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ダークグレー、イエロー、レッド、グリーンのイロプラランナーで、胴体部や腕部、脚部、頭部などの各部パーツ類。

↑B1、B2ランナー。共にグレー成型色で、各部関節パーツや内部パーツ、ハンドパーツ、ヒートショーテルパーツなど。

↑C1、C2ランナー。共に(つや消し)ホワイト成型色で、頭部や胴体部、肩部、脚部などの各部外装パーツ類。

↑D1、D2ランナー。D1はライトグレー成型色で、肩部やヒートショーテルパーツなど。D2はレッド成型色で、赤熱化したヒートショーテルパーツ。

↑ポリキャップ(PC-002)、ホイルシール、プロダクトコードです。

以上です。HGACとしてはウイング、ウイングゼロ、リーオー、マグアナックに次いで5体目。待ちに待ったキット化といったところですね。MGでは色々とキット化されているWシリーズですが、HGとしての補完数はまだまだ少ないです。せめてガンダム5機は揃ってもらいたいところかと。現代のガンプラクォリティだと申し分なので、定期的にHGACのキット化も続いていくといいですね。(サンドロックの売れ行き次第なんだろうな~・・・。)

⇒楽天でHGAC ガンダムサンドロックを探す
⇒駿河屋でHGAC ガンダムサンドロックを探す
⇒ヤフーショッピングでHGAC ガンダムサンドロックを探す

2 件のコメントがあります。

  1. ゼロシステム

    on 2019年9月15日 at 12:05 - 返信

    各ランナーに歯抜け、スイッチがありますね。どんな派生を用意しているのでしょうか?

    • nori

      on 2019年9月16日 at 21:32 - 返信

      コメントありがとうございます!
      色々と派生機のキット化がありそうなランナー形態ですよね。
      もしかするとHGBD:Rでのキット化も考えている・・・・?

nori にコメントする コメントをキャンセル