HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)のレビューをご紹介します!

HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)は、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するMS『RX-78-02 ガンダム』の1/144スケールモデルキットです。パーツを組み換えることで前期型と中期型が選択可能。背部ショルダーキャノンや前期型・中期型のビームライフルも付属。組み立てるだけで十分な色分けを実現するパーツ構成やHGシリーズ最新フォーマットなど、ガンプラ40周年の幕開けに相応しいアイテムとなっています。価格は2,530円(税込み)です。

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の主役機である、地球連邦軍試作MS『RX-78-2ガンダム』が満を持してキット化。HGヘビーガンダムなどHG THE ORIGIN版ガンダムタイプの最新フォーマットを使用し、柔軟な可動を実現。全体的に程よくモールドが入ったTHE ORIGIN版キットならではのメカニカルなスタイルなっています。

成型色はガンダムタイプならではのトリコロールカラー。全身ホワイトの他、胴体部にブルー、レッド、イエローといった定番の配色が施されています。シールは頭部や肘、膝関節などの丸モールドとわずか。素組みのままで十分な色分けが再現されています。

ポリキャップはPC-001を使用し、関節はKPSパーツ構成。組み立て直後の関節強度はまずまず高め。大柄な背負いものはなく、自立も安定しています。肩などは組み換え式の小さいパーツが多いので、紛失しないように注意が必要です。

まずは前期型の状態で各部を見ていきます。前期型は、胸部左上にショルダーマグナム、左前腕にガトリングガン、バックパック左にショルダーキャノンを装備するなど、各部形状が左右非対称になっているのが特徴です。

頭部。こめかみのバルカンもパーツで色分けされるなど、精密感のある作りが再現されています。メット部は中央上部のとさかと左右で分かれていて、こめかみ内側の2ラインモールドが合わせ目になっています。アンテナ中央の赤いパーツは徐々にポロリしやすくなるので注意です。

後部も中央の合わせ目は段落ちモールド化。とさか前後のセンサーはシールでの色分けです。ツインアイはイエロー成型色パーツにシールを貼っての色分け。

前期型胴体部。近年の曲型なデザインとは対称的なスクエアタイプ。適度にモールドが入るなど、重機感のあるフォルムになっています。腰部中央のV字マークはモールドにシールを貼っての色分け。襟、胸部エアインテーク、腰部ヘリウムコアなどはイエロー成型色パーツで色分けされています。

右肩のバルカン砲はパーツ組み換え式で展開状態が再現可能。左肩には前期型の特徴であるショルダーマグナムが造形されています。

腰アーマー裏は各部ともモールドなどは造形されていません。股間部にはスライドギミックがあり、脚部の可動域が広がるようになっています。

腕部。各部ともレトロ感のあるスクエアタイプになっています。

二の腕は左右挟み込みタイプ、前腕は前後挟み込みタイプですが、二の腕の前後、前腕の左右にできる合わせ目はそれぞれ段落ちモールド化されています。肘側面の丸モールド内部はグレーのシールでの色分け。

左前腕には前期型特有のガトリングガンを搭載。

ショルダーアーマーはシンプルなスクエア型。前後挟み込みタイプですが、合わせ目は段差モールド化されています。側面のダクト内部はグレーに塗り分けが必要。

脚部。程よい肉付きに、THE ORIGIN版特有のメカニカルなモールドが造形されています。膝のモールドやダクトはパーツによって色分けされています。膝の丸モールド内部はグレーのシールでの色分け。

脚部内部構造。膝を曲げると膝の装甲がスライドするようになっています。

大腿部は前後挟み込みタイプ、膝から下の部分は左右挟み込みタイプですが、大腿部側面や膝下後部の合わせ目は各部とも段落ちモールド化されています。膝関節パーツも左右挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化。各部とも合わせ目が徹底してモールド化されています。

ふくらはぎ後部のスラスターカバーが展開し、内部のバーニアが露出。バーニアはシンプルな形状ですがパーツで色分けされています。

ソール部。脚底は薄型タイプ。アンクルアーマー側面の丸モールド内部はグレーのシールでの色分けです。足裏はモールドが造形され、肉抜き穴はありません。つま先は反らせることも可能です。

バックパック。パーツ数は少ないながらもメカニカルな造形が再現されています。右側にはサーベルホルダー、左側には前期型の特徴であるショルダーキャノンを装備するなど、左右非対称なスタイルになっています。

バックパックは2ダボ接続。

なので、REVIVE版ガンダムやHGUC陸戦型ジムなどのバックパックを背負わせることも可能でした。

ショルダーキャノンは左右挟み込みタイプで上下に部分的に合わせ目ができます。一部は段落ちモールド化。

HG局地型ガンダムやHGガンダムFSDに付属のショルダーキャノン(画像右)と並べて。ほぼ同じ形状ですが、砲口が深めになっているので新造されているようです。

ショルダーキャノンは付け根が2箇所で可動し、広範囲に展開が可能です。

下部のバーニアはボールジョイント型のポリキャップでフレキシブルに可動。サーベルホルダーも適度に可動します。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。ORIGIN版ガンダムの頭頂高は18.0m。比較的小型なタイプです。陸ジムなどと並べてもそれほど違和感がないような気も・・・。

HGUC RX-78-2ガンダム(REVIVE)と並べて。REVIVE版は今風のスタイリッシュさがあり、ORIGIN版はレトロで硬派な印象。この2体の好みは分かれそうですが、ORIGIN版ガンダムは局地型ガンダムのようなクセは少なくなっていますし、1stファンはこちらがが好みかも。ORIGIN版は白成型色もピュアな感じが出ていていいですね。

HGヘビーガンダム、HG局地型ガンダム(北米戦仕様)といったHG THE ORIGINシリーズキットと並べて。どれも各部の形状やカラーリングが違っていてそれぞれが個性的。HGヘビーガンダムが経年などで各部がゆるくなってきているので、このORIGIN版ガンダムもヘタれてくる可能性はありますね。

HGシャア専用ザクⅡ(THE ORIGIN版)とも並べて。

頭部は広く上下可動させることができます。首はポリキャップではなくパーツによる接続。左右へも干渉なく柔軟に可動します。

肩は上部と前方に可動する最新フォーマット。

腕は水平以上に上げることができ、肘も完全に折り曲げることができます。

肩は前方に広くスイングが可能。

腹部はフォーマット構造や腰部ボールジョイントにより、幅広く前後スイングさせることができます。

腰は干渉なく、360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは、通常通り、股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は、前方に広く展開が可能です。後方はリアアーマーが可動しませんが、股間部を可動させることで、ある程度干渉なく展開することができます。

膝は二重関節で完全に折り曲げることができます。膝装甲の裏打ちパーツもきれいに造形されています。

足首は、前後へはあまり広く可動しませんが、左右へは幅広く可動します。

左右への開脚は幅広く展開が可能。

大腿部と股間部が干渉しやすいですが、うまく交わすようにすれば内股、ガニ股共に広く可動させることができます。

立膝もまずまずきれいな姿勢でこなすことができました。

可動域の総括としては、HG THE ORIGIN版ガンダムの最新フォーマットで各部とも十分な可動域を持っています。ポージングの自由度も高そうですね。

シールド、ハイパー・バズーカ、ハイパー・バズーカマウントパーツ、ビーム・ライフル(前期型、中期型)、右肩バルカン砲展開用パーツ、ビーム・サーベル刃×2、平手(左右)、武器持ち手(左右)が付属。

中期型への各部組み換えパーツが付属します。

HG THE ORIGIN版キット用パーツなどが余剰で付属します。

専用のマーキングシールが付属します。

シールド。表面に十字のあるオーソドックスなタイプですが、裏面の基部周りは細かく可動するように造形されています。

基部は上下にスライドし、下部のグリップも引き起こしが可能。

さらに接続部も回転など柔軟に可動します。

シールドは組み換えることで、上下どちらの向きにすることもできます。

シールドはバックパックにマウント可能です。ただ、ショルダーキャノンが干渉しやすいので、配置を模索する必要がありそうです。

ハイパー・バズーカ。複数パーツの組み合わせでなかなかしっかりとした作りになっています。

グレーのマガジン部分はモナカ割ですが合わせ目はモールド化されています。砲身の白い部分は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要そう。

センサーは左右に可動し、後部の白いフックも引き起こしが可能です。センサーは黄色いシールでの色分け。

グリップもわずかながら可動します。

マウントパーツを使うことで、ハイパー・バズーカをリアアーマーにマウント可能です。固定強度はまずまず高め。

前期型のビーム・ライフル。メカニカルで特徴的な左右非対称の形状になっています。

左右挟み込みタイプで部分的に合わせ目が出来ます。一部の合わせ目は段落ちモールド化。

センサーは左右に可動し、フォアグリップは広く展開が可能。センサーの表面はイエロー成型色パーツによって色分けされています。手前の角型センサーはグリーンのシールでの色分け。反対側のマウントリブも引き起こしが可能です。

なのでリアアーマーに直接マウント可能。

続いて中期型のビーム・ライフル。こちらはほぼ左右対称。

こちらも左右挟み込みタイプで一部に合わせ目ができます。ですが大部分はモールド化されているようです。

センサーやフォアグリップは左右に可動します。センサーはイエロー成型色パーツで色分けされています。マウント用のリブは引き起こし可能。

中期型のビーム・ライフルもリアアーマーにマウント可能です。

説明書に記載はありませんが、ビーム・ライフルは前期型、中期型共にシールドにマウント可能でした。

一通り武装して。シールドは逆向きにしました。後部ハイパー・バズーカはシールドと干渉することがありますが、シールドはグリップを握らせて保持しているので柔軟性があり、干渉を避けることができます。

足首が広く左右に可動するので、接地性が高く安定したポージングが可能です。武器持ち手がバラけやすいので、その点は注意が必要です。

シールドは前腕に固定し、グリップもハンドパーツで握らせるので保持力は高め。ですがこちらもグリグリ動かしていると手甲パーツが外れたりするので注意です。

ビーム・ライフルの両手持ちはなんとか可能でした。

肩に特殊な武装があり、一味違った表現ができるのがいいですね。

ハイパー・バズーカはグリップが可動するので、肩に担いだり脇に抱えたりすることができます。

ビーム・サーベルはスルッと抜けないくらいで保持してくれます。

各部を組み換えて中期型に。中期型は比較的オーソドックスな形状の左右対称型。肩に牽引用のフックのようなが造形されたものになります。

前期型から中期型に組み換える場合、胸部や肩部など分解が必要な箇所があるので、破損させないように注意が必要です。金銭的に余裕があるなら、2体購入して組み分けておくのもありですね。

中期型を色んな角度から。1stに登場したRX-78-2ガンダムっぽくていいですね。

各部を前期型と比較しながら見ていきます。

胸部は上部のショルダーマグナムがオミットされ、胸板のモールドも左右対称のものに変更されています。

ですが前期型と同じく装甲パーツが脱着できるので、前期型のように組み換えることもできます。

右前腕部手首側の装甲が変更になり、左前腕と同じ形状になっています。

左前腕もガトリングガンがオミットされています。

予備パーツがあるので、両前腕にガトリングガンを取り付けることも可能。

肩には牽引フックのような装甲が造形されています。前期型と同じく側面のダクト内部はグレーに塗り分けが必要。

バックパックは両側面ともサーベルホルダーが造形されています。

HGUCガンキャノン(REVIVE)とHGUCガンタンクを並べて。組み合わせても特に違和感はなさそうですが、できればORIGIN版のガンキャノンやガンタンクのキット化も期待したいところです。

シールドとビーム・ライフルを装備して。

中期型は前期型よりもさらにクセのないRX-78-2になっている気がします。

こちらもビーム・ライフルの両手持ちは可能でした。

前期型と中期型を合わせて適当に何枚かどうぞ。

以上です。プロポーションがこれまでのTHE ORIGINシリーズのガンダムタイプよりもベーシックな感じにまとまっていて、万人に受け入れられそうですし、前期型や中期型も再現できるのでファンの満足度も高そうです。可動もヘビーガンダムなどに採用されているフォーマットで柔軟に可動するなど、ポージングの自由度も高いです。

欠点的には、手甲パーツがかなり外れやすいので、武器の両手持ちなどは少し難しさがあるかもです。関節などがKPSパーツで、ヘビーガンダムのようにヘタれてゆるくなってくるかもしれないので、そうなれば補強も考える必要があるかと。

HGUC系のガンダムタイプらしいレトロ感やTHE ORIGIN版の特有のクセもあり、組み換え式の肩部武装や各部のモールド類にはメカニカルさも感じます。オーソドックスな武装類も付属するというすべてを兼ね備えた感のあるガンダムがTHE ORIGIN仕様で楽しめるのは嬉しいですね。

⇒楽天でHG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)を探す
⇒駿河屋でHG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

9 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年3月14日 at 07:46 - 返信

    MGでは盾の裏にライフルをマウントできましたが、このHGでも可能でしょうか?
    盾の裏にそれっぽい穴があるので、可能だと思うのですが…

    • nori

      on 2020年3月14日 at 13:27 - 返信

      コメントありがとうございます!
      説明書には記載されていませんが、ビーム・ライフルは前期型、中期型共にシールドにマウントできるようですね。
      画像を追加しておきます^_^

  2. 匿名

    on 2020年3月14日 at 12:44 - 返信

    なんか顔がコレじゃない感がする。(個人の感想デス…)
    旧キット1/100パーフェクトガンダムを思い出させる顔立ちです。(いわゆる大仏顔)

    • nori

      on 2020年3月14日 at 13:28 - 返信

      コメントありがとうございます!
      顔はTHE ORIGIN版特有のクセがあるかもですね;

  3. 匿名

    on 2020年3月14日 at 13:11 - 返信

    いやぁプロポーション抜群ですね
    今までは胴短足長の、要はヒーロー体型でそうなると頭も小さくしないとバランスが取れなかった
    やっと気づいてくれたかって感じ

    あとは足首をもう少し小さくして欲しいな
    足首がデカいのはHGに多い傾向なので物理的な安定感とかの問題な気もするけど
    サイズ的に倒れても大したダメージ無いので気にしなくてもいい気がする

    • nori

      on 2020年3月14日 at 13:30 - 返信

      コメントありがとうございます!
      1stの印象を崩すことなく、重機感なども表現されたいいプロポーション、造形になっていると思います。
      あとの細かい部分は個人の好みの問題ですかね~^_^

    • shio

      on 2020年3月23日 at 11:25 - 返信

      ズバリの”こういうのでいいんだよ”って造形ですよね

  4. 匿名

    on 2020年3月14日 at 14:37 - 返信

    レビューお疲れさまです

    なんか目のシール(の黒い部分)がおかしい…と思ったら
    オリガンって元々そういう造形だったんですね

    目の下の隈取りが黒でぶったぎられてるデザイン

    • nori

      on 2020年3月17日 at 22:12 - 返信

      コメントありがとうございます!
      ねぎらいのお言葉感謝ですm(_ _)m
      オリジン版のガンダムは頭部形状に少しクセがありますね;

コメントを残す