HG インフィニットジャスティスガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 インフィニットジャスティスガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はMA-M1911高エネルギービームライフルとMX-2002ビームキャリーシールドを装備したインフィニットジャスティスの上半身が掲載。背景にはストライクフリーダムガンダムも控えめに掲載されています。普通に考えるとSEED DESTINY劇中の宇宙要塞メサイア攻略におけるワンシーンかと。暗闇に映る爆発など、デザイン的に渋め。

パッケージサイズは一般的なHGよりも横幅と高さが1cm程度大きめ。ややボリューム感を感じるサイズになってます。

横絵はHG SEEDのフォーマットで、前後ビューやアクション、ウェポンなどが一通り横並びに掲載されたものになります。このデザインにはどうしても古臭さを感じるところがありますね;反対側はインフィニットジャスティスやアスランザラの解説、塗装に関する記載など。

開封。ランナーがもう1、2枚ほど入りそうな余裕があります。

全部で3袋分のランナー。

説明書はHG SEED DESTINYのフォーマットで、上部に塗装済みキット画像、下部にインフィニットジャスティスやパイロットのアスラン・ザラ解説が記載されたものになります。アスランはオーブの軍服を着用したスタイル。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。外装こそインフィニットジャスティス特有の造形になっていますが、キットの全体的な構造はHG SEEDがベースになっています。ファトゥム-01や武装各種の構造やアイデア性は高いだけに、本体の合わせ目が結構目立つのが痛いところではありますね。

ラストページがカラーガイドです。細部は簡単に筆塗りでいいと思いますが、ファトゥム-01のウイングや装甲などはマスキング塗装、合わせ目消しは後ハメ加工など、きれいに塗装して仕上げようと思うとなかなかハードな一体になっていますね。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレー、イエロー、ダークグレー、クリアーブルーのイロプラランナーで、頭部や胴体部、腕部、脚部などの細部パーツに加え、武装類やビーム刃パーツなど各種パーツ類。

↑Bランナー。ピンク成型色で、頭部、胴体部、腕部、脚部など各部の外装パーツ類。

↑Cランナー。ホワイト成型色で、頭部、肩部、ソール部などのパーツに加え、ファトゥム-01、ビームキャリーシールドなどの各部パーツ類。

↑Dランナー。パープル成型色で、ファトゥム-01パーツや支柱パーツ、ビームキャリーシールドパーツ。

↑Eランナー。ダークグレー成型色で、ファトゥム-01のウイングパーツ。

↑BA1ランナー。ブラック成型色で、組み換え式の台座パーツ。

↑ポリキャップPC-123プラス、ホイルシールです。

以上です。もうじきHGBD:Rでガンダムジャスティスナイトが発売されます。ファンの期待はこのジャスティスナイトからのHGCEインフィニットジャスティスガンダムキット化だと思いますが、どうもこのHG SEEDインフィニットジャスティスからの流用っぽいですよね、脚部などを見ると・・・。

ただ、もし流用したとしても、一般発売する以上、合わせ目などが出ないような構造になっているのではないかと思います。その辺り、どうなるのか注意深く見ていきたいですね。それとメディア媒体など、最近ガンダムを取り巻く環境がちょっと変わりつつあるような気がするので、そのへんもどういった方向に進んでいくのか注目です。

⇒楽天でHG インフィニットジャスティスガンダムを探す
⇒駿河屋でHG インフィニットジャスティスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG インフィニットジャスティスガンダムを探す

コメントを残す