∀ガンダム 後期エンディングテーマ『月の繭』

こんにちは!今回はガンダムソングのご紹介です!

今回ご紹介するガンダムソングは、∀ガンダム 後期エンディングテーマ『月の繭』です!まずは曲をどうぞ。

月の繭
唄:奥井亜紀 作曲:菅野よう子 作詞:井荻麟

井荻麟とは機動戦士ガンダム、∀ガンダムの富野由悠季監督の別名です。監督みずから作詞を担当したわけですね。

エンディングテーマ『月の繭』は壮大な曲調で、うつわというかそういったものの大きさを感じる曲になっています。

∀ガンダムがムーンレイス(月の住人)との戦いを描いたものなので、宇宙の壮大な規模やイメージを連想させるものに仕上がっていますね。

∀ガンダム自体は平均視聴率が3.0%だったことからも、あまり受け入れられない部分があったようですね。ですがこのエンディングテーマ曲は評判がよく、ガンダム曲の中で好きな曲の一つという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに機動戦士ガンダム1stの再放送の視聴率は13.1%、再々放送の視聴率は17.9%だったようなので、改めて1stの人気の高さがうかがえます。

∀ガンダムの視聴率が低迷した原因としては、少し難しすぎたというのがあるかもしれませんね。セリフにすると展開が早すぎて意味がわからずついていけないみたいな。

セリフを文章にするとすごい中身の濃いセリフを発していることがわかるので、小説などで見たほうがよく理解できて面白いのかもしれません。

そういった意味ではやはり∀ガンダムも大人向けの作品になってそうな気がします。

さてそれでは∀ガンダムの名言をご紹介します!といっても、∀ガンダムはセリフが難しいので、名言というべきものが少し見つけにくい。先ほどお伝えしたとおり、文章にするとかなりいいセリフを発しているのですが^^;

まあその中でも、前にもご紹介しましたが、この名言をどうぞ!

夜中の夜明けなど、あってはならない歪みです!

kaku

地球に埋まっていた核爆弾が爆発した時のセリフです。この時にソシエ・ハイムの婚約者のギャバンが亡くなってしまったんですね。

夜中のはずなのに、核爆弾の影響で太陽が登っているように明るくなりました。でもこのシーンで核兵器の怖さを改めて感じるのは、日本が唯一の被爆国だからなのかもしれません。

∀ガンダムはなかなかおもしろい作品ですし、何度も見返すことでより意味もわかってくると思うので、もし見たことが無い方や、自分も含め、見ても意味がよくわからなかったという方は、もう一度見返してみるのもいいかもしれませんね。


2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2015年11月15日 at 23:51 - 返信

    月の繭は神曲です^_^
    これを聴くと、ターンエーの世界観がより深まりますね♪(´ε` )
    あ~、また聴きたくなりました^_^

    • nori

      on 2015年11月15日 at 23:52 - 返信

      コメントありがとうございます!
      月の繭を聞くとターンエーが見たくなります(^∇^)ギンガナムとのラストや月光蝶などが思い出されます。
      もう一回また見ようかなぁ( ̄∇ ̄+)

コメントを残す